『BD感想文』 レッド・オクトーバーを追え!

レッド・オクトーバーを追え! スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]を買いました。

待ち望んだ作品がついにBD化。しかも、スリムトールケースとは。置き場所に困っているので助かる。
この作品大好きで大好きで。VHSで録画した奴も持っていたし、DVDも持っていたけど、4:3のLBとかあり得ない内容だったし、去年か一昨年のWOWOW放送版も録画してBD-Rに焼いていたけど、やはりBDですね。

画質は昔の映像なのでそこそこですが、音声がかなりグレードアップ。DVD時代、昔のオーディオ環境だったら5.1chでも貧弱だったし、今のシステムで再生しても音声がかなり貧弱だったような記憶が。
ただ、BDだと音の迫力が違う印象が。音が鮮明だし、包み込まれる感じが強いし。今までも何度も見たけど、気がつかない細かい音が耳に付く。
たとえば、艦内の電子ノイズ音とか。ラミレス艦長が亡命を意思表明した手紙を受け取ったソ連政府高官のシーンで、バックにソ連国歌が流れていたり。

レット・オクトーバーのキャタピラ推進装置が稼働したときのソビエト連邦共和国国歌斉唱のシーンとか、ソ連軍の魚雷攻撃シーンとかを見てるとかなりキマスw

というわけで、定価2980円と安いですし、再生環境があるなら買いましょう。

『鉄道旅行』 浜松餃子と天竜浜名湖鉄道乗り潰し

浜松餃子を食べたいなとずっと思っていたのと、近場の第3セクター鉄道を乗りたいなと思っていたので、浜松方面に行ってみました。

元々は午前6時、新大阪発の快速列車で米原に行くと、大垣行きに乗り換えて、大垣で新快速に乗ればそのまま浜松に10時43分に付くので、遠州鉄道を往復しても時間余裕だななどとスケジュールを立てていたのですが、寝坊www

起きたら目的の電車が発車していました(°□°;)
改めてスケジューリングしたところ、7時の米原行き快速列車に乗ると、9時14分の豊橋行き新快速に乗って12時14分浜松着なので、ちょうど良い感じに浜松に着くので、これでよいかなと思って新大阪駅に行きました。

駅に着いてみたら、GPSロガーとかiPodとか家に忘れてきたことに気がつく。

新大阪〜米原

新大阪駅で電車を待っていたら後からくる7時19分の新快速のほうが米原に早く到着するとアナウンス。それは大阪発なのでそれじゃ、そっちに乗ろうかなと思ってそちらに乗る。
けど、結構混んでいた。。。。。

乗った列車は、新型の新快速車両だった。おまけに、京都近辺では雪がちらちらと。
新聞読んだり、Twitter見たり居眠りしたりしているうちに米原駅に到着。よくみたら、ホームに豊橋行きの新快速が居た。これに乗っていくと、8:46発の新快速に間に合うんだね。

米原駅

私は乗り換え時間が短いなんて解っていなかったので、人に押されながら乗り換え。階段上って隣のホームに移動なんだが、「どけろどけろって」怒鳴って、お年寄り女子供かまわず人を押しのけるオヤジがいたので、「マナー悪いなオイ」って怒鳴り返したら、ガン無視された。ぶっちゃけ、かなり危なかったのでケンカ上等だったんだが(その後の列車でもまにあうしね)、オヤジにとっては乗り換えの方が大事だったらしい。

お約束? トラブル発生、米原駅にUターン

でまぁ、電車に乗り換えて発車した後に、このオヤジマナーわりいなとtwitterでつぶやいて見ようと思ったら、つながらない。あれ?と思ったら、モバイルルーターを入れているポーチがなかったwwww
このポーチ、フックがおかしくなっていて危なくなっていた。一回、地下鉄で落としたからね。
こりゃ、車内で落としたか、米原駅の乗り換えパニックで落としたかのどちらかだなと思ったわけで、醒ヶ井駅でおりて、窓口へ。

窓「それなら、米原駅に戻って問い合わせした方が早いですよ」との話だったので、Uターン。
醒ヶ井駅で当初乗るはずだった新快速を見送って、米原駅に戻り。

米原駅の改札で質問したら、奥にいた駅員さんがそれはもしかしてって顔をして近づいてきて、「黒いこれくらいの奴?」って聞いてきたので、「それそれ」、「ちょうど処理した」、「どこに落ちてました?」、「新快速の車両の中」といったやり取りをして落とし物ゲット。ベルトに通せるからベルトに通した。これで大丈夫。

予定を再構築。9時59分発の新快速→豊橋で乗り換えて12時57分に浜松着と確認。
で、米原駅で電車を待つが寒い寒い。全国的に寒かったようで。
また、駅弁を売っているのを見て欲しくなったがガマンガマン。

米原〜豊橋

だまってれば豊橋に着くので、本読んだり何しているうちに


豊橋駅着。
豊橋駅も寒いし、風が強いな。薄着してきて大失敗。
豊橋駅もブラブラしたけど、駅弁はやはりいなり寿司かw

豊橋〜静岡

豊橋〜静岡、富士〜三島間は昼間に乗車したことがないんだよね。寝台特急サンライズで通過しただけなのでね。

静岡駅



浜松駅到着。

浜松駅に餃子マップがあると聞いたけど、どこにあるねん〜〜って探したら、駅の端の方に観光案内所発見。しかし、駅からの入り口の前には大量の人が。何かの見送りイベントかなにかで人が集まっては入れない罠。
仕方ないので、駅の外に出て外から入る。そこで餃子マップゲット。

しかし、浜松駅ってどっち側がメインの出口なんだろう。遠州鉄道がある方がメイン出口?

餃子やさんを求めて

目的のお店はむつぎくと言うお店。餃子マップを見たら地図に書いてあるが、この地図じゃたどり着けないつーの(´_`。)
そこで、Google Mapをつかって道案内をしてもらう。それで無事にお店に到着。

お店に行く途中、さ く らださん(@sakura_sakusaku)よりTELあり、来てくれると。
こちらの連絡ミスで、無理と思っていただけに、うれしかった。買ったきたお土産も無駄にならなかった^^。お土産は好評なようでうれしい。
お土産裏話をすると、この面白い恋人は前から注目していたんだけど、実家に帰るときのお土産は最近は赤福なんでね。その前は神戸のお菓子だったし。
大阪ぽいから良いかなと思って買ってみた。八つ橋でも買っていこうかと思ったけど、これはいじめだなとおもったので、さすがにやめた^^;


お店に到着。Twitterで打ち込みしていたら@saku_sakuさん到着。自宅は駅のそば?良いところに住んでますにゃ!
しかし、10年ぶりくらいですか、全く変わってないですね。私の方と言えばorz


Bセットを注文。餃子8個とご飯、半ラーメンセット。
餃子は美味しかったですね、もやしが乗っているのが謎なままでしたがw
油濃くなく、くどくなかったので、餃子50個くらいはいけますな。ビール付きでw

そのご、お話をして浜松駅へ。そこでお別れ。あまり時間とれなかったので、もうちょっと時間とれる機会があったらまたお会いしたい。

再び浜松駅

@saku_sakuさんと分かれて改札に入った後に気がついた。夜のおかずじゃない、夜のお菓子であるうなぎパイを買って無いじゃないか。でも、改札を出て買う時間は無いか!と思っていたら、キオスクで売ったいた。ラッキー。
10本入りを購入しようとするが、たけのこの里 塩プラリネ&クラッシュマカダミアなんて製品が売っていた。これって関西で見たことがないぞ。これが噂の静岡県限定の調査販売か!と思って購入する。

浜松〜掛川

何事もなく陰側に到着。と言うわけでもなくね、ちょっと注目すべきイベントが。
運転席を見たら、3人いたんだよね。で、3人一緒に指さし点呼している。これは、運転士が新人か研修中で、そのために余計に二人乗車しているんだなと。
3人そろって指さし点呼するところを写真に撮りたかったが撮影できなかった(>_<)

掛川駅



掛川駅着。在来線口。木造駅舎。
新幹線駅の割に小さいなぁ。ま、誓願駅ですからの。

キオスクを見たら、ここでもうなぎパイ売っていた。そういえば、三島駅でも売ってたな。
ついつい、安倍川餅と静岡茶ゴーフレット購入。むむむ、ちょっと買いすぎたか。


天竜浜名湖鉄道、掛川駅。
フリー切符を買おうと思ったけど、途中下車しないのであれば通しのきっぷを買った方が安いんだね。

天竜浜名湖鉄道 掛川〜新所原

本日第2の目的である天竜浜名湖鉄道に乗車。

掛川駅


電車
ただ、天竜二股駅あたりまでは単なる田舎の風景・・・


この電車は天竜二股駅で乗り換え。


天竜川。
この辺りまで、なんというか山の中というか。気賀駅あたりで街中に。
そして、西気賀駅あたりで浜名湖がみえる。



浜名湖。浜名湖。

汽車に乗っていたら、三ヶ日って駅があったけど、ここって未完で有名な三ヶ日なんだね。ここの三ヶ日未完大好き。

新所原


天竜浜名湖鉄道の方の新所原。


JRの駅舎


天竜浜名湖鉄道の駅舎。
で、こちらの駅舎からすごい良いにおいがするので、のぞいてみたら、ウナギの蒲焼きが売っていた。
お弁当にもしてくれるというすばらしさ。だけどにおいがきついので遠慮しておいた。。。

新所原〜新大阪

米原まで直通の新快速に乗れるようにスケジュールを組んでいたので、米原でも新快速に乗り換えて新大阪へ。

新大阪

JR新大阪駅在来線の方には行く機会無いので、食べてみたいモノがあった。


駅構内の立ち食いそば屋さんのたこ焼きうどんwwっw
たこ焼き冷たいwwwっw
でも、汁なしカレーうどんって言うのも売っていたのでね、それも食べたかったから今度食べてみよう。

今回の戦利品


安倍川餅と静岡茶ゴーフレット、うなぎパイに謎のタケノコ

『鉄道旅行』 熊本・鹿児島旅行3日目

ブログ書くのに時間がかかって寝る時間が遅くなった上に、さすが南国、暑くて寝付けなくて4~5時頃に記憶なくす。
6時頃に目を覚ましたから、1時間は寝たんだろうか。

十分準備をして、忘れ物が無いかの確認をして出発したはずなんだけど、豚みそ、SL人吉記念乗車切符、肥薩線絶景区間の案内パンフレットをホテルに忘れた模様。気がついたときにはもう、熊本だったという罠。

この3連休、花粉症と思われる症状が出ていないんだけど、薬が効いてるのだろうと前向きにとらえて出発。

鹿児島市電で鹿児島中央駅

今日はちゃんと鹿児島市電で鹿児島中央駅に向かった。 朝日通~鹿児島中央駅間。JRとか第3セク乗り潰した後は、私鉄に移ってさらにはこういう地方鉄道最乗潰すことになるのかなぁ。。。


鹿児島中央駅着。なんか今にも雨が降りそうな空模様で困る。。。


2年前に来たときには無かったお土産売り場。2年前は、一列にお弁当屋さんとかが並んでいた記憶があるんだけどね。
ぶらぶらと探索。薩摩揚げはにおいがするので今回は敬遠w
しろくまは興味があるが、夏だったら買って食べたり、家に配送してもらったかな。それにしても、凄いボリュームで圧倒される。

駅弁コーナー見てみたら、出水駅で購入できなかった赤ワインステーキ弁当が売っていたという悲しいオチが。。。

駅弁コーナーにこのような新聞記事が貼り付けてあったので、駅弁マニアは参考にしてね。
有田焼カレー駅弁は、(?_?)と言う人も多そうだけど、最近有名になった駅弁で、有田焼に入っているカレー弁当。1500円。有田焼の容器はお持ち帰り可能という。キオスクでお願いすると暖めてくれるというサービス付き。確実に買おうと思ったらこれも予約必須。
旅名人の九州満喫切符が4月からも継続発売されるなら、佐賀、長崎乗りつぶし旅行をGWに考えているんだけど、その時に是非購入したい。

というわけで、朝からヘビー級な食事に。。。

その後、新幹線ホームで電車を待っていたんだけど、改札通ったら黒豚たこやき?みたいなのも売っていた。さすがに買わなかったけどw
新幹線がきて、扉が開いたと思ったら

これは・・・、柵を乗り越えてゆけと言うことか!
その後すぐホームドアが開きましたがね。



N700系車内。RailStarと変わらんと言われたらおしまいですがwww

鹿児島中央~熊本



美味しくいただきました。

熊本に向かうにつれて、空模様が怪しくなり、若干不安になる。雨の中城探索はきついな~~

熊本駅 新幹線ホーム側


到着ニャ。19日、20日と比べて異常に寒い。


熊本駅コンコース。く、広いな。僻地にある新青森駅なんかと比べちゃいけないのは解っているが。。。。
ホームも広かった(;つД`)


新幹線口駅舎。モダン?

さらに、新幹線口にあるお土産売り場をぶらぶら。バター飴なんて売ってた。バター飴==函館ってイメージがずっとあったんだけど、米子でも売っていたし、熊本でも売っているってことは、酪農が盛んな地域ではどもでも売っているのかしら。
そのあと、在来線口へ移動。アクセスが良くないけど、高架化工事が終わったら改善されるんだろうな。
駅前から熊本市電に乗って熊本城へ。

熊本城

ここから長くなる。。。
熊本城前についたときは、かろうじて雨が降っていない状態。この状態が続くように祈る。


案内板を見て、清正公銅像から見始めることにする。


加藤清正公銅像。戦上手の上に、民政家としても優れた才能を持っていた、名将。築城、治水事業など土木関係にも非常な才能を持っており、今も熊本県民から慕われている。清正公神社もある神様。



熊本は地下水が豊富。

このあと、行幸橋から熊本城内へ。って、昔はこの辺も熊本城だったわけですが。。。


備前堀です。うーん、お堀


桜が咲き始めている。サクラですよね、桜ですよね。梅じゃ無いよね。

櫨方問から城内へ。


お城入り口にまたこのような張り紙が。ここでも自粛か。地元イベントなら開催すべきなのに。
入り口でパンフレット兼地図をもらう。櫓・石垣コースを選択することにした。


入ってすぐ見た、飯田丸五層櫓。加藤清正の右腕、飯田角兵衛が預かっていた櫓なのかね?


椿園があるのよね。


お城のあちこちに井戸がある。地下水が豊富なので、あちこちに井戸を作って籠城線に耐えられるようにしたらしい。でも、加藤清正なら、籠城より打って出るタイプだったろうな。


道も、コの字型になっていて直進できないようにしてあるんだよね。
昔はこの場所にも塀か何かあったんだろうから、そこから射撃、投石して撃退することを想定していたんだろうね。
それにしても高い。落ちたら死ぬね。この石垣、登れそうだから登ったけど、そうしたら転んだんだよね(´_`。)

熊本城 飯田丸五層櫓


飯田丸五層櫓。これは復元されたモノ。5層だけど、3層までしかいけない罠



3層目からでも、凄い高さなんだよな。見えているのは、梅なのかな。


飯田丸五層櫓からみた熊本城天守閣。でかい。写真じゃ解らないかもしれないが、でかい。

熊本城 名物の石垣


熊本城と言えばこれでしょう。この石垣。武者返しと呼ばれるだんだんと垂直に反っていく石垣。朝鮮の役などで得た知識を元に作ったとか。


武者返し+石垣の上野櫓には石落としがあり、まさに完璧な防備


普通は登らないだろう・・・・

数寄屋丸二層御広間

皆さん、本丸の方に注目していて、こちらの方にはきてなかったんですよね。これも復元した建物。


中は、大広間。ここで能や茶会が開かれていたらしい。


清正公の冑のレプリカが飾ってありました。


櫓なので、防御面もばっちり


謎の地下道があったが、こちらが本来の入り口。もし敵に攻め込まれたときに、この入り口のふたをぱたりと閉めて籠城することも可能だったとか。

で、ここの一番の見物は、明治3年~明治9年、つまり西南戦争以前に撮影された写真類が展示されていること。
本丸でも展示されていたけど、資料数がこちらの方が多い。さらに、地元ボランティアのご老人が暇そうにしているので、質問すると色々答えてくれる。
西南戦争についていろいろ聞いた。薩摩軍が撃ち込んだ鉄砲の痕が石垣にあるらしいと質問したら、「看板は立っているけど、風化しちゃって跡形も無くなってるんだよね」とか、「西郷隆盛はここから見える丘の所に陣地をとって大砲を撃ち込んできたが届かなかった」とか。
司馬遼太郎の飛ぶが如くを読んでいたイメージだと、薩摩軍の兵士が石垣をよじ登ったかのようなイメージがあったんだけど、実際はそのような事は無かったらしい。

熊本城 宇土櫓

重要文化財宇土櫓。これは現存モノ。
西南戦争直前に謎の火災で天守閣を始め色々と燃えてしまったが、それを免れた貴重な建物。



宇土櫓。火気厳禁ではいお願いします。小西行長の宇土城から移築したから宇土櫓と呼ばれるという説があったのですが、発掘調査の結果、新規に作られた櫓だったとのこと。勉強になった。

もともと、熊本城は丘の上に立てられている上に、宇土櫓は昔そのまま。全くバリアフリーというのは考慮されていないため、宇土櫓に到着した時点で結構疲れていた&汗が出ていたのに、その上櫓てっぺんまで登ったらハアハア状態。ハァハァじゃないよ。


宇土櫓てっぺんから、櫓入り口側を見る。


出口側を見る。


西出丸側を見る。

そして、宇土櫓を出た後に、

本丸を望む。

一息

闇り御門を通って、天守閣前に。そこには復元された本丸御殿大広間と天守閣があるのですが、あまりに疲れたので、休憩所で一息。
宇土櫓に入った時点で、ぱらぱらと雨が降ってきてどうなるかと思っていたら、休憩所を出たら本降りに。。。。
ここには茶室があるので、抹茶を飲むことも出来る。寒かったので飲んだら良かったかな。

本丸御殿大広間

天守閣に殿様が住んでいると思っている人も多いようですが、実際は本丸御殿に住んでますよ。熊本城クラスなら、1階部分に人が住めたかもしれないけど、基本的に天守閣は倉庫。
天守閣は残っていたり、復元されていたりしても、本丸御殿が残っている所って少ないんだよね。高知城くらいかな。
名古屋城は戦争の空襲で焼けちゃったんだっけかな。
で、熊本城の本丸御殿は一部を復元したモノですが、それでもでかいぞ~



時代劇に出てくる風景ですにゃ。
一番奥にお殿様が鎮座する



コンパクトに済ます場合はこちらを使用。フラッシュ禁止だったので、ぼやけてるけど勘弁。

このほかにも、いろいろなお部屋が再現されていて、すげーーーーの一言。基本撮影禁止なので、是非自分の目で!

さいごに、出口で案内の人に「パンフレットありませんか?」と聞いたら、奥から出てきたwww
「一般に配っていないので内緒で」とのことだったので、すぐに鞄に隠したw

熊本城 天守閣

雨はやまないまま、天守閣へ。


でけーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

大小天守閣。これも復元した建物で、中は博物館風の展示館に。ここだけは土足でOK!
入り口はなんと地下1F。1階が加藤清正と熊本城に関する展示。2階が細川家に関する展示。3階は西南戦争に関する展示。かなり見応えアリ。



みろ、人が(ry
見えているのは宇土櫓だと思う、たぶん。

天守閣見学が終わった頃には雨が上がっていました。

熊本城 櫓群~須戸口問

最後は、これも現存している櫓群を見ながら戻りました。



櫓群


坪井川

熊本城見学の注意点

時間は丸一日かかると考えるべし。
10時前から13時ちょっと過ぎ頃まで見ていたけど、全然時間が足りなかった。加藤神社や2の丸の遺跡、細川刑部邸を見る時間も無し。
なので、9時頃からお城にお弁当持参で行って、お昼は景色の良いところでお弁当をつまんで、夕方までゆっくり見るのがお薦め。

登山するつもりで準備しろ。
大阪城や姫路城、ちょっと格が落ちて弘前城みたいな平城じゃなく、丘の上に建てられた城なので、結構山登りする。
石段は高さがきついし。
なので、女性の方はハイヒール禁止。スニーカーとまでは言わないが、かかとが地面に靴を履いて望むべし。
キャリーバックなんか持ってくるなよ。入り口にロッカーあるからそこに預けておけよ~

熊本駅でお土産探す

熊本駅には13時30分頃に到着。


こんなのがいたので、記念撮影

14時42分の切符をとっていたけど、それより速い新幹線で帰れないか探すが、すべて満席。落ち着いて待つことにする。
お土産として、馬肉の炭火焼き、燻製、佃煮とくまもんタオルを購入w
試食した佃煮は美味しかったよ。私が買ったのは、在来線口の方のキオスク。

その後、お昼ご飯としてサンドウィッチを買って、待合室で食べつつ時間つぶし。さらに時間があったので、紫芋ソフトクリームも食べたりしてw

800系新幹線 さくら

山陽新幹線直通は全部満席だったので、博多乗り換え。
800系新幹線を体験してみる。が、800系新幹線ってコンセント無いのか。乗車時間が短いからつけてないのかな。
座席は水戸岡デザインの木製座席。なかなか座り心地は良いが、テーブルが収納式でちょっと小さめなので不便かもと思いました。

博多は7分乗り換え

博多駅では7分乗り換えでしたが、対面にのぞみが停車しているので、スムーズに乗り換え可能。
のはずが、自分が乗る車両が結構離れていたため、歩いた気がする。。。
後はそのまま新大阪へ。途中、新山口~岡山あたりは記憶が無かった。。。

戦利品

2011/03/27追加

馬肉の炭火焼き、燻製、佃煮。
炭火焼き、コスモクリーナーのお伴に。
燻製、まだ食べていない
佃煮、ご飯のお供に激うま。200グラムで1000円だから、これが一番コストパフォーマンス高いかな


くまもんマフラータオル

おまけ

地震の影響で観光客こなくて、青森県死にそうなので、旅行にきてね(ハート)
八戸地方は津波の影響を受けたけど、青森市や津軽地方は平常状態だから。
燃料も復活してきたし。
今すぐでなくても、GWのころなら、さくら満開だにょ。弘前城とか、青森市内も。


青い森鉄道マフラータオル。こんなのも買ってあげてねw

『鉄道旅行』 熊本・鹿児島旅行2日目

前日飲み過ぎて、起きたのが7時30分頃。当初スケジュールの通り、在来線で行く状態だったらアウト!だった。

酔っ払った状態だったので、昨日買ってきたお茶を冷蔵庫に入れたが、スイッチを入れていなかったのでぬるいまま。氷を持ってきて冷やす。
ホテルで天気予報を見たら雨。外を見たら確かに曇り空。なんか不安になりつつ出発。


ホテルのエレベータロビーから、新幹線駅が見える。工事中の高架橋も。

熊本駅に向かい、朝ご飯に駅弁を購入。これまた非常に有名な、鮎屋三代。熊本駅でも売ってます。

熊本駅にてSLと対面


5番線なので5番線に行く。


なんか見えました。展望デッキすね。




動いているSLは生で初めて見た。超感動。
SLをバックに記念撮影してもらえるんだよね。普段はそんなことはしないけど、今回は記念撮影してもらった。

車内に入ってみる。一部、列車が発車した後の写真も含まれているけど。


鉄道写真が飾ってあったり


鉄道模型が飾っていたり

以下のは発車後の写真だけど

こちら、最後尾の展望デッキ。お子様に大人気。


SLと連結している最前列の展望デッキ。大きなお友達にも大人気。ずっと場所占有してるんじゃないぞ~~

出発 熊本~八代

と言うわけで、出発までしばし待つ。出発時にはベルを鳴らして、汽笛1発。そして発車。



朝ご飯食べる。美味しかったニャ

車内の会話を聞くとやはり鉄分濃度高し。
隣に中学生くらいの少年が一人で乗車していたので、ちょっと話を聞いてみた。
熊本~八代の指定席だけとれたので、乗車してきたらしく、両親と別れて別行動らしい。八代からは人吉は普通列車で移動して、その後はいざぶろう3号に乗って、吉松駅で両親と合流するとか。
と言うことは、親はレンタカーで移動なのかな。

でその中学生、鉄分濃度が高すぎて会話について行けない(´_`。) もちろん大型時刻表持参。私は中型の時刻表しか使わないし持ち歩かない。あと、スタンプシート持ってましたな。話を聞いていると、間違った方向の鉄になりそうで、彼の将来を心配する。鉄道部品とかを盗むんじゃ無いぞ。それはいけないと注意しておいたが。

車内検札。スタンプもオリジナルなんだね。SL人吉と書いてある。それをスタンプノートに押してもらう人も。ああ、その発想は無かった。
そして、記念乗車券をもらう。記念スタンプが2号車のビュッフェにあるらしく、そこでスタンプを押す。ただ、大阪に戻ってきてみたら、この記念乗車券が見当たらないのよね。どこかに落としたかな。。。たしかに、無造作に手提げ鞄に入れていたが、まさか落とすとは思ってなかったなぁ(;つД`)
もうちょっと探してはみるけど。。。

八代駅着。止まっている時間が長いので、車内をうろうろと。戻ってきたら、若い夫婦の内一人が私の隣の席。もう一人は別の席のようで、どうしようかと相談しているところだった。この人たちは二人でいなくなった後、終点人吉まで戻ってこなかったんだよね。う~ん、展望デッキかどこかにいたのかな。

八代~人吉

ここからがメインです。


キャビンアテンダントからこのような案内どころのビラを配られます。
これで見所を事前チェック。

八代~人吉区間では、球磨川沿いを走るのですが、第1球磨川橋梁までは進行方向左手に球磨川が、第1球磨川橋梁~第2球磨川橋梁では進行方向右手に、第2球磨川橋梁からは進行方向左手に、球磨川が見えます。

どんな景色が見えるかというと、


こんな感じの景色です。上の写真、曇って見えるのは雨の影響では無くSLの煙ですよ!


キャビンアテンダントが販売していた、期間限定の挽き茶アイス300円を購入。うまかった。昔は抹茶アイスは苦手だったけど、最近はそんなことを感じなくなった。味覚のバラエティが広がったんだろう。

そんなこんなで、白石駅到着。

鹿児島本線として開通したときからそのままの駅だとか。103歳というのは、そういうわけでして。



駅舎もレトロなら、駅前にあるポストもレトロ。

駅舎撮影して戻ってきたら、線路に降りてSL撮影出来る状況だったので撮影。

迫力満点。


群がる撮り鉄、撮り鉄子、一般人etc

そして、次の停車駅。一勝地駅に。


一勝地駅舎。

駅舎の前には球磨川が。

そして、地元特産品の販売が。


これがまた、安いんだ。さすがにいちごは買って帰れないから辞めたけどね。

で、うろうろして驚いたんだけど、小学生か、幼稚園児か解らないけど小さい子供が、Nintendo DSiかな、それで写真を撮っているんだ。凄いカルチャーショックを受けた(°□°;)

一勝地駅を出発して、人吉へ。
結論を言うと、SL人吉は一度は乗る価値あり。鉄で無い人に特にお勧め、お子様いるならなおよし。

人吉駅



人吉駅着。

SLの機関士さんに聞いたら、この後転車台に入って向きを変えるんだとか。見に行きたいなと思ったが、あいにくの雨だったので断念。


くま川鉄道の観光列車。次に乗りに来るからな~~~

で、目的のお弁当入手。鮎ずしはGET。鳥の照り焼きは品切れ。残念。栗めしは栗が大嫌いなので買えない。あと、幕の内がうっていましたな。


ポストがレトロなのはわざと残しているのだろうか。

人吉駅で約1時間待ち時間。駅構内の待合室は微妙に暑いが、雨が降っているため、外のベンチで時間を待つ。


その目の前にあった謎のオブジェ。何事と思ったら、13時ちょっと前に地元の観光ガイドの人が登場。からくり時計だと説明。



人吉城をイメージしたからくり時計。見ていてなかなかおもしろかったね。

人吉~吉松



いざぶろう3号。
これに乗って出発。指定席をとったんだけど、進行方向と反対の席でちょっとショック。
自由席もありますが、自由席はロングシートか、新快速のドアの所についている様な席なのよね。フリースペースもあるけど。

でね、人吉~吉松で1時間20分もかかるの何でだろうと思っていたら、途中の3駅に10分くらい停車する、観光スポットで停車する。スイッチバックがあると言った事情からこれくらい時間かかるのよね。でも、見るところたくさんあって飽きることは無いのであった。



大畑駅。おこば駅と読みます。難読駅です。
ここから、スイッチバック+ループ線に入ります。


スイッチバック。上の写真に見えるのは、人吉方面の線路。
下の写真に見えるのは、人吉方面の線路と大畑駅方面の線路。

そして、ループ線を回っていくと。


絶景ポイントその1の到着が、雨が降っているために霧が出ていて何も見えぬ(;つД`)

天気が良ければ・・・・・

こんな景色が見える。く、悔しい。



矢岳駅着


高いところにあるんですよ~~


SLを展示しています。なんでも、運転台に乗れるらしく、お子様に大人気。そして、地元特産品を売っていました。これがまた安いんだな。椎茸とか。一袋150円とかあり得ない値段だった。
といっても、買って帰るわけも行かずスルー。

矢岳駅を出発して、絶景ポイントその2というか、日本三大車窓の場所に着くが、霧で全く見えず orz
車掌さんも謝っていたが、天気には勝てない。また乗りに来るしか無いな!

そして、列車は進んで



真幸駅。まさき駅です。
ここでも、地元の物産品が販売。実はここって、宮崎県なんだよね。ということで、鳥の炭火焼き400円とよもぎ餅3個入り200円を購入。よもぎ餅売ってるおばちゃん、押しが強くてね。「もう1個買わないか」「買わないか」って。いや、1個で良いからと。。。


幸せになれる鐘なんてのがあったり。

真幸駅を出発このあとは、最後の見所三段スイッチバック。

何となくわかりますかに? 3段目の線路を走っているところです。

吉松駅



吉松駅着。
多くの人は「はやとの風」で鹿児島に向かう。が、私は吉都線に乗るために1時間ほど電車待ち。
待合室が畳なのでこれまたよし。コンセントがあったら完璧w

ほどほどに電車を待っている人がいたけど、ほとんどが肥薩線行きの電車に乗る人で、吉都線に乗車したのは3人くらいだったかな。しかも1両。向こうは2両。

吉都線 吉松~都城

車窓はすげ~普通。
おなかすいたので


鮎ずしを食す。美味しかった~。

そんなこんなで都城駅着。

都城~吉松~隼人~鹿児島中央

ここからは消化ゲーム。つか、真っ暗で何も見えないにゃ。
吉松駅着。ここで40分弱停車(´_`。)

さて、ここまで乗ってきた列車は2両編成なんだけど、私が乗っているのは2両目。吉松駅到着後、私一人だったわけだけど、運転手さんがやってきて、
運「暖房つけようと思うんだけど」
私「寒くないから大丈夫」
運「本当に?これから寒くなりそうだけど」
私「大丈夫(キリッ」
一応寒冷地仕様だからね。

吉松駅出発。心配になって1両目に行ってみたら、乗客一人。二人かwww
隼人駅に着くまで、2両目は私一人だった(°□°;)

鹿児島中央駅

そのあと、隼人駅からまさかのロングシートで鹿児島中央駅へ。
食事をと思ってとんかつ屋さんに。

なんかね、ご飯につけてお召し上がりくださいと豚みそなるものがおいてあったんだけど、これが美味しかった。
薩摩武士にも好まれたって、江戸時代から豚を養畜していたのとおもったら、なんとしていた!
そんな事情があったのか。
と言うわけで、豚みそ300円をお土産として購入。いや、これも結局ホテルに忘れてきたんだけどね。
冷蔵してくださいと言われたので、冷蔵庫に入れたまま忘れてきた(;つД`)

今回泊まるホテル

今回泊まるホテルは、リッチモンドホテル鹿児島金生町。リッチモンドホテル、コストパフォーマンスが抜群でいつも利用している。
定価は13000円とかだけど、予約するときには5500円とかになる謎なマジック発生するんだよね。。。

市電で行こうと思ったら、もう電車が無かった罠。とんかつを食べていたら電車がなくなっていたという。
考えてみたら、真幸駅で買った焼き鳥があったんだから、コンビニでおにぎり買って、それで晩ご飯で良かったんじゃ無いかと。

結局タクシーで行きました。150円で済むところが1000円と。。。

旅行1日目のブログを書くのに結構時間がかかったのと、部屋が暑くて寝付けなくて、窓を開けてやっと寝れた。
寝れたのは3時過ぎて4時頃だったような。

明日は熊本城観光。新幹線は8時頃出発。間に合うのか。。。。

『鉄道旅行』 熊本・鹿児島旅行1日目

ずっと旅行に行きたい行きたいと思っていたけど、その機会が得られずストレスだった。ので、この3連休はどこかに行くぞと言う意気込みで準備した。

今回旅行の目的は

  • 九州新幹線乗車
  • 南九州JR線完全制覇

具体的に言うと、未乗車の九州新幹線完全乗車と、鹿児島本線 熊本〜鹿児島中央(肥薩オレンジ鉄道を含む)、肥薩線、吉都線、三角線の乗り潰しと、熊本城見学です。お城探索も趣味の一つなので、一応ね♪

1日目は新幹線で鹿児島中駅へ直行、その後、鹿児島本線に乗り換えて、川内駅、肥薩オレンジ鉄道に乗り換えて出水駅へ。出水駅で駅弁(赤ワインステーキ弁当購入)、出水駅から八代駅、そこから熊本に向かって三角線に乗って、熊本宿泊、馬肉を食べる。
2日目は、熊本から肥薩線にのって、いざぶろう・しんぺい号で日本三大車窓を堪能、吉松駅から吉都線乗り潰して、その後吉都線で戻ってきて肥薩線の未乗車区間、吉松〜隼人を乗車して、鹿児島宿泊。もちろん駅弁も狙う。狙う駅弁は八代駅の鮎屋三代、人吉駅の鮎すし、鶏の照り焼き弁当。栗めしは栗が嫌いなのでパス。
3日目は新幹線で熊本に行って熊本城を見学、その後帰宅のスケジュールです。

準備編 スケジュール計画ときっぷ手配

まず、上記のスケジュールになったいきさつは、ホテルの手配事情から。1日目に鹿児島のホテルは全く空いていなかったので、熊本にホテルを確保。2日目は鹿児島にホテルを確保になったため。
1日目に鹿児島宿泊だったら、おそらく違ったスケジュールになったと思う。

買った切符は、大阪市内〜鹿児島中央駅往復乗車券と18きっぷ。3月頭に切符を買いに行った時点では、肥薩線を走るSL人吉号の指定席が21日しか空いていなかったため、21日にさらに肥薩線(と鹿児島本線の)の熊本〜人吉を往復して、その後、熊本城見学の予定だった。かなり時間的に余裕がないスケジュール。

新幹線特急券は、新しく始まるe5489サービスで安く買うぜと思っていたら、3月19日の新大阪始発のみずほ601号は指定席満席だったという。21日の帰りの新幹線も、山陽新幹線直通タイプはすべて満席。
そこで、行きは自由席で、帰りは博多乗り換えで妥協。800系車両にも乗れるから良いかなと自分に言い聞かせる。e5489サービスで盲点なのは、早割だと自由席でも列車指定なこと。これだけは注意。鹿児島に着いてから気がついたんだよね、これに。

出発前日の18日、JR Cyber Stationで空きを確認したところ、20日のSL人吉号に空きがあることを発見したので、指定券を交換した。これ、帰宅後に気がついたんだけどさ、よくよく考えたらきっぷを持って出社して会社で空席を調べたら、スマートに指定券交換できたのにと反省。まぁ、自宅から駅が近いので手間は掛かりませんでしたが。私が行ったときには、5席空いてるって話だった。

これで熊本城見学の時間が十分とれたけれども、逆に肥薩線の人吉〜隼人間の車窓はみれないことに。まぁ良いかなと妥協する。

1日目スタート 九州新幹線 新大阪〜鹿児島中央

前日、指定券交換のついでに改札が空く時間が5時30分であることを確認していたので、その辺りに駅に着くように計画。実際に駅に着いたのは5時40分だったけどね(´_`。)
みずほ601号の所に行ったら、もうすでに人が自由席の所に並んでいた。と言っても10人くらいだけど。
2号車の並びの所に場所を確保して、写真でも撮りに行くかとおもったら、列車のドアが開いた。5時45分頃に開くようね(時間の記憶は不正確)。

3列シートの窓側、A席を確保。理由は景色が見えるから。早速写真を撮りに行く。





N700系九州新幹線乗り入れ車両。7000番台だっけ、8000番台だっけ。周りが暗いので、写真が見えにくいのは勘弁ね。

その後、発車まで時間を待つが、新大阪駅発車の時点で自由席はほぼ満席。デッキにたっている方も。
目の前の観光客と思われる家族連れ、お父さんがリクライニング全開に倒してきてやや不快に。私はA席でそのお父さんはB席だったので、直接の被害はなかったのだが。ただこのお父さん、この後電車がものすごく混んできた後に、立っている高齢の方2名に席を譲っていたので、見直した(子供とお母さんを1席に座らせて、自分が立つことで2席確保)。

新神戸、岡山と降りる人もいるが、それより乗ってくる人の方が遙かに多い。そして広島駅でもう壊滅的な混雑に。それでも、1号車か2号車から3号車の喫煙室に向かっているスモカーの方がいたので驚いた。

N700系は山陽新幹線区間では普通に300km/h運転しているから特別にアナウンスはしないんだね。GPSロガーを持ってきたけど、トンネル多くて衛星を拾えないが、299km/hの数字も出ていたので、300km/h運転はしているんだなと。

たぶん広島駅でだと思うけど、500系こだまを目撃。涙が出る。

徳山辺りだったかな、車掌から緊急アナウンス。「1号車のトイレで緊急ブザーが押されました。自由席が混んでいるため車掌が向かうことが出来ません。もし、間違って押したのでしたら、もう1度押してください。周りの乗客の方もご協力お願いします」とアナウンス。その後、「問題ないことが確認できました。ありがとうございます。ブザーは鳴り続けますが正常です」んでもってその後に、「トイレでライターをつける、たばこを吸われますと火災防止装置が反応しますのでご注意ください」と。ああ、これは暗にトイレでたばこを吸ったことを注意しているなと。確かに、何に反応して警報なったかは車掌室や運転席で解るはずだし。トイレでたばこって、どこの高校生だよ。頑張って3号車の喫煙ルームまで行けよ。さっき、頑張って喫煙ルームに向かっていった人がいたよと。

そして小倉駅、ここで降りる人がいたが、さらに載ってくる人がいて驚く。限界を超えるんじゃないかと。

博多駅着、ここでほとんどの人が降りてかなり空席が目立つ。うーん、確かに1番列車であるし、長崎、佐世保方面への接続列車でもあるけど、九州新幹線に直通したい人にとっては、、、と思ったら、博多駅でもそれ相応の人が乗ってきて、80%位の乗車率で出発。

いよいよ九州新幹線。なんとアナウンスは日本語英語韓国語中国語の4カ国放送。地域事情が反映されている。ここからは260km/h運転と思ったが、体感スピードが遅い(´_`。) 衛星を拾い直したGPSロガーを見ると、200km/h以下で走ってるぞ。一応、カーブはR4000mだよな。熊本までの駅が多すぎるから通過時に減速か? でも、ホームドアがちゃんと付いてるしな。出来たばかりだから? でも、東北新幹線はいきなり本気の260km/h運転していたぞと思っているうちに熊本到着。ここまで、急勾配は無かったと記憶しているし、そもそも九州新幹線の急勾配対応のために新型車両を作ったんだからすごい謎。特定区間に駅をたくさん作るために無理をしたのか?

で、熊本を通過したらやっと本気を出して200km/h以上出してくれた。ここからはトンネルばっかり。でも、260km/hを出している区間はごくわずかだった気がするな。新八代駅の在来線からの取り付け線はそのまま残っていた。そのうち撤去されるのかな。とかいろいろ思っているうちに、鹿児島中央駅到着。

鹿児島中央駅


到着にゃ!


柵が邪魔! N700系。曇り空だったけど、鮮明かと。



800系新幹線。

次の川内行き普通列車の発車時間まで40分くらい時間があったので、1回改札を出る。2年前に指宿枕崎線、日南線、日豊線と博多近郊乗り潰しに来たときは、コンコースはこんなのじゃなかった。お土産コーナーが出来てる。ってことでお土産コーナーをみる。本場のしろくま売っていたけど、このサイズはきついwwwとか思いながらブラブラしていたら、薩摩揚げが美味しそうだったので、思わず買ってしまう。うーん食べきれるかなとそのとき思ったが、これが結果的に正解。

18きっぷで在来線改札に入って、川内方面へ向かう。

鹿児島中央〜川内〜出水

川内行きの普通列車は水戸岡デザインの転換クロスシート。やっぱりJR九州車両って個性的ね。
川内駅までは車窓が普通。


なんかあっさりと川内駅に到着。鹿児島中央駅で買った薩摩揚げのにおいがきつくて若干後悔w

肥薩おれんじ鉄道に乗り換えようと思ったら、降りたホームを直進せよと。
直進してみたら

関所が!
おれんじ18フリーきっぷ購入。18きっぷ提示で2000円。


肥薩おれんじ鉄道の看板。


車両。ディーゼル車。電化区間だけど、経費削減のため気動車で運行しているらしい。

出水駅に向けて出発。
ここからは車窓が目玉なので、八代方向に向かって左側に座るべし。


こんな感じの海の風景がずっと続く。

乗っていて思ったんだけど、川内〜八代間って、カーブが多い上に単線区間がメインなんだね。それじゃ新幹線にしたら時間短縮効果が大きいな。

出水駅


そんなわけで、目的地の出水駅着。


肥薩おれんじ鉄道の出水駅駅舎。JR時代もこんなのだったのかしら。



駅前にはSLが在ります。

新幹線駅の方に行ってみると、

駅舎が豪華

キオスクに行ってみると、入り口に駅弁の宣伝が。赤ワインステーキ弁当を狙っていたのだが、キオスク内部に駅弁なし。聞いてみたら、「売り切れました」だった。稚内駅でも同じ失敗をしたけど、小さな駅?の駅弁を買おうと思ったら、当日か前日に電話予約しておかないとダメだね。

併設の物産館でそばを食べることに。とんかつもあったけど、ここはそばだろうと。

赤鶏あぶりそばを注文。地元出水市でとれたそば粉を使った十割そば。もしかしたら有名なのかも。さらに、鹿児島中央駅で買った薩摩揚げがここで活躍。
おそばは普通に美味しかった。いや、かなり美味しいレベル。

ある程度満足して、八代駅へ

出水〜八代、八代駅

肥薩おれんじ鉄道で八代駅に向かう。


八代駅着。
ここまで乗ってみて、休日と言うこともあってか、乗客は非常に少なかった。平日も少ないんだろうな。これは経営的に厳しいわけだ。でも、貨物輸送の基幹線と言うこともあり廃線に出来ないし苦しいだろうな。
JR駅に行くところで関所。といっても人間の関所だけど。フリーきっぷを回収されそうになる。記念品だから勘弁してと、持って帰る(´・ω・`)


JR側八代駅



肥薩線0キロポストに看板。明日乗りに来るから待ってろ!


八代駅。


駅前に鮎屋三代の看板が。新八代駅だけじゃなく、八代駅でも売っているらしい。熊本に着いてから解ったけど、熊本駅でも売っていた。

ただ、八代駅にはこの駅弁無し。代わりに天草大王なんとかって駅弁が売ってあったけど、天草大王って、天草地区の地鶏なんだね。
で、駅弁はおなかに入らないので、桜せんべいつーものが売っていたので、それをお土産に購入。
N700系の携帯電話充電器が売っていて若干気になったが、買うのをガマン。さすがに、九州では携帯電話充電器が売り切れって事はないらしい。

八代〜宇土〜(三角線)三角〜熊本

八代駅にて、熊本行き普通列車に乗る。まさかのロングシート。
で、鹿児島中央駅からずっと気になっていたんだけど、JR九州管内では床に座る人が多いの


宇土駅で下車。三角線に乗り換えるため。
単純に熊本まで行って三角線に乗るのだと、ものすごいタイムロスが発生するので、宇土駅で乗り換え。
30分くらい待ってきた列車は、ボックスシートと転換クロスシート。こっちの方が快適という罠w



三角駅着。
昔はここから、島原半島への船が出ていて、島原外港ゆきフェリーがあったんだけど、廃線に。今は熊本港から。昔はここで駅弁も売っていたらしいのだけど、それも遙か昔に無くなった。

折り返して熊本へ向かう。今度は海を見れる方向に席を確保して車窓を楽しみながら進む。

熊本駅


熊本駅着。



在来線の高架化工事はまだ続行中なのか。


駅前の工事は完了していた。


駅前広場にこんな看板が。何のイベントをやるつもりだったのだろうか。東北新幹線全線開業と併せて、青森から人を呼んで何かイベントをやるつもりだったのだろうか。
その謎は、後で明らかになる。

今回泊まるホテル

熊本駅すぐ横にあるJR九州ホテル。コンビニは駅にしかないのかなと思ったら、すぐそばにファミリーマートが在った。九州でも省エネ中。これって、普段から無駄な電力使ってる証拠だろう(´_`。) 九州の電力は東日本に送れないです。仮に、周波数同じとしても、関東にたどり着くまでに相当のロスが生じるつか、電力が届くのか?

JR九州ホテルですが、新築ホテルと言うこともあり快適。部屋もそこそこ広いし、お風呂ではボディタオルとフェイスタオル両方装備。こういう細かいところに気を配っているところはポイント高い。
いつもならFF XIの接続テストをするけど、サーバー休止中に付き省略w
九州旅行では、JR系ホテル使うのもアリかもしれない。ただ、熊本の場合、繁華街から遠い。そこをどう考えるかによる。

馬肉料理

今日のメイン!

お店は近場って事で検索して、馬肉料理専門店 天國ってお店に。
お店に行って値段を見たら結構お高いのね。個別に注文するよりと思って、おまかせコース〈五品〉→馬刺、レバ刺、ホルモン煮込、馬塩焼(三品)、馬汁とご飯を注文。ホテルに置いてあったパンフレットの紹介記事を表示でタテガミがサービスに。

まずは生中からスタート


定番の馬刺し、生姜醤油で食べる。タマネギを巻いて食べてくださいとの事だったが、タマネギを巻くと馬肉の味が目立たなくなるかな。


タテガミ。コラーゲンかな。どこの部分だろうか。不思議な味ではあるが、美味しい。


レバー。レバーは苦手な方だけど、臭みもなくて美味しかった。


ホルモン煮込み。これがうまかった非常にうまかった。あまりお酒を飲む予定ではなかったが、これで加速したw

米焼酎水割り注文。米焼酎は飲みやすいな。


塩焼き3品。大腸と心臓と何かw


馬汁とご飯。

麦焼酎追加注文。麦小通は味というか臭みがあって、私には向いてないな。


ホルモンがあまりに美味しかったので、馬ホルモン正油炊き追加注文。すごい美味しい。

最後に、巨峰サワー
他にも美味しそうな料理(タタキとかステーキとか)があったけど、値段的にここまでかなと思って切り上げ(´_ゝ`)

食べているときに、駅前にあったイベント中止の看板について聞いてみたら、地元商店街のイベントだったらしい。それなら中止する必要ないのに。と言う話をして、そんな結論に。

いや〜、馬肉料理は馬刺しってイメージがあったけど、ホルモンがこんなに美味しいとは。お店の人も「そうでしょうそうでしょう」的なお話でした。
参考までにお値段は1万円弱。思ったよりお金掛かったな。地元の人ならもっと安くて良いお店を知っているかもしれないが、食べログとかで調べてみた感じでも、値段はそれくらいだったからな。

ホテルに戻って

思ったより酔っ払っていた&朝早かったので、すぐ寝てしまった。ブログを書くはずだったのに。

『読書感想文』 野口武彦 幕末バトル・ロワイアル 慶喜の捨て身

慶喜の捨て身—幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)を買いました。最近の状況から軽めの本を読んでみた。

  • 第一部 慶應狂瀾録
  • 第二部 慶應瓦解録

細かい目次は勘弁してね。
このシリーズ、週刊新潮に掲載されている連載をまとめた新書。最近は週刊誌を買っていないので、新書版が出るのを待っていた。時代としては、第一次長州征伐後から、鳥羽伏見の戦いの直前まで。
歴史小説で扱わないようなエピソードが満載なので、読んでいて興味深いし、知識が付きます。
特に、江戸幕府の統治能力が急速に落ちていくことが解ってね。これを思うと江戸幕府の逆転はなかったのかなとも思えてくる。
きっかけはやはり、開国したときに金の交換レートを誤って設定してしまったことによる金流出が大きいのかな(この本にはないので、別途本を参照してね)。次いで、長州征伐。
何しろ物価の上昇が半端なく、徳川幕府がお膝元の江戸でもそれをコントロールできずにいたことがでかい。それによる治安悪化を全く抑え切れてない。もともと、徳川幕府って少ない警察力で治安を保っていただけに、そのことが裏目に出てしまったのだろうか。

後は軍事行動の遅延かな。「兵は拙速なるを聞くも、いまだ巧久なるを睹ざるなり」、「兵は国の大事にして、死生の地、存亡の地なり。察せざるべからず」、「日に千金を費やし、然る後、十万の師、挙ぐ」
第二次長州征伐を行うに当たってに、だらだらと大量の兵を大阪に遊ばせていたために、戦機を逃した上に、国家財政に大きな穴を開けてしまった。また、それによって物価上昇(米価上昇)を招いてしまったしね。

読んでいると、国家が滅亡する時は古今東西共通した法則があるようだなぁ。などと思いつつ読んだのでした。

このシリーズはお薦めなので、チャンスがあったら読んでみましょう。

『Android関連』 NEC LifeTouch NOTEを触ってきた

3月13日に懐中電灯を買いに行ったついでに、超話題になっているNECのLifeTouch NOTEを触ってきた。触ってきたのであって、買ってきたことでは無いことに注意!
今月はカネ使いすぎた。クレジットカードの請求額を見て倒れそうになった(´_`。)
お金を使っていなかったら買ってきたかって? 買ってきたかも~~

大きさを体験してみようじゃ無いか

カタログが実物大サイズなので、シャープの闇歴史と化した、NetWalkerと比較してみた。

重ねてみました。


並べてみました。

私も店頭で見たときは、予想したより大きいなと思いました。これ、正直な感想です。

キーボード

闇歴史NetWalkerのトラウマを持っているモバイラー各氏が危惧していたキーボードですが、お店でちょろちょろ使ってみた感じでは、全く問題なしでした。キーボードは使いやすい。ぶっちゃけ、スマホでソフトキーボードでいらいらしながら入力するのに比べたら、はるかにストレスフリー。
ATOKの変換性能も優れているし、PCから辞書の学習内容を持ってこれるので問題なし。
ただ気になったのは、キーアサインを変更できないこと。Aの横にあるMenuキーとCtrlキーを入れ替えるとかは出来るけど、日本語入力の他のキーアサインはATOK標準。初めてのFEP(当時はIMEの事をFEPと言っていたんですよ)がVJEだった私としては、なんちゃってVJEアサインにしているため、この変更が出来ないのはちょっと厳しい。
VJEアサインはどんなのというと、shift+←→キーで文節区切り伸張、←→キーで文節区切り移動にしているため、この変更が出来ないのは厳しいなと。
これを機に、ATOK標準な体質に変更しろと言うことなのでしょうか。

それにしても、SHARPはIS01でまともなキーボードを使った端末を出したのに、なぜNetWalkerはあんなダメダメキーボードだったんだ?

ブラウザの速度など

ネットに繋がってないから確認できなかったよん。
ネットに接続して動作確認出来るようにしてくれたって良かったのに。モバイルルータとつなげて確認しようかともおもったが、展示品をいじるのは良くないと思ってそこまではしなかった。
それもあって、速度確認は出来なかったんだけどサンプルで入っている画像を見たりいじったりしている限りは、ストレス無しでした。
Tegra2のパワー+Android2.2のパワーのおかげ?

もしかしたら不便なところ

写真を撮ってTwitterに貼り付けてつぶやきは不便かもしれない。
写真撮るときにかなり間抜けな姿になる(;つД`)

ふたを閉じたらサスペンドしてくれるんだろうか

これも気になっていたんだけども、ふたを閉じると液晶はOFFになる様だが、サスペンドするかまでは解らず。
サスペンドするかしないかで電池の持ちが違うからね。
データを同期するからサスペンドはしないのかな。だれか情報プリーズ

結論は

買いじゃね。
IS03買ってなかったら、買ってたな。縛りもないし、料金について頭使わなくても良いし。
現状、ガラケー+スマホの組み合わせが最強な訳で、スマホの代わりにLifeTouch NOTEはアリだなと。
いや、本当にもっと速く商品発表してくれていればと思うと涙が止まらない。

『デジタルガジェット』 そろそろiPad2の話

一時期の熱狂も去ったので、iPad2の話を。ITジャーナリストのiPad2に関するコラムも出始めましたが、来週から本格的に出始めるかな。個人的に期待しているのは某ジャーナリストの提灯記事(´_ゝ`) どんなネタを提供しているのかと今から期待しています!

(´∀`)の感想を言うと、順当なアップデートみたいな感じ。iPadを持っている人は特段買う必要ないかなと。
以下の3タイプに分かれますね。
・アップル信者 → 条件反射で買うから無視
・iPad持っている人 → iPad2買う必要がないと思うが。お金に余裕がある人は買っても良いかも?
・iPad持っていない人 → 買っても良いと思うけど、2年縛りの3G回線ではなくWi-Fiモデルを買うべき。データ回線はモバイルルーターやスマートホンのテザリングでまとめるべし。

Apple製品は2年縛りで買うのは危険ですね。毎年新製品が出るんだから。Wi-Fiモデルを有効活用すべし。
各所で言われているけど、iPad == iPhone 3G、 iPad2 == iPhone 3GS、 iPad3? == iPhone4、となると思われるので、私の買い換えの本命としてはiPad3?に。
でも、あの風呂のふたを使いたいがためにiPad2買おうかなと思っている自分がいるんだよな

私にとって一番のサプライズはSmart Cover

一番のサプライズは風呂のふたことSmart Cover。iPadの純正ケースも完成度が高かったけれども、Smart Coverはその上を行く。
本当に、このカバーのためだけにこれを買っても良いと思えるくらいの完成度。
磁気センサーを内蔵させてふたを閉めたらスリープ、ふたを開けたらスリープ解除。すばらしすぎる。
買うならやっぱり青いふたになるのだろうか。レザータイプが良さそうにも見えますが。
サードパーティもアクセサリ販売苦戦するだろうな。背面を傷つけたくない人向けにアタックする方向なのかな

A5プロセッサ プロセッサ性能2倍

技術的な話を。
これは、A4プロセッサで使っていたARMのCortex-A8プロセッサから、Cortex-A9のデュアルプロセッサにしたからでしょう。一部にA8のデュアルてな話を記事にしていたところもあったけど、それだと2倍にならないんだな。

A5プロセッサ グラフィック性能最高9倍高速化

9倍という数字が一人歩きしていて、(´∀`)の会社でも上の方で怪しい動きをし始めた人が出てきましたwww 新たな仕事の種にしようとしている人、お客さんから予想される性能UP要望に対してどう対処するか頭を抱えている人etc
A4プロセッサではPowerVR SGX 535が使われていたのを、NGPでも使われるPowerVR SGX543MP2(デュアルコア)になったんじゃないかと予想。
グラフィックコアについてはあまり詳しくないので、何ともいえないところがあるのですが、これだけだと最高性能9倍には行かないような。
そこで考えられるのが、A4プロセッサにはビデオデコード用のIPが入っていたと記憶しているんだけど、A5プロセッサでさらにビデオエンコード用IPが追加されたのではないかと。理由はカメラ付いたから。
つまり、取り込んだ画像をリアルタイムエンコード+GPUで画像加工ということを含めて最高9倍と言っているのではないかと。
この部分の真実は、製品が出た後にベンチマーク採る人が出るだろうからそこで明らかになるかなと。

それに徐々に情報が漏れてくるだろうからね。

iOS 4.3

iPadのスライドスイッチが音声ミュートか画面回転ON/OFFのどちらかに割り当て可能になったのがうれしい。iOS4になって画面回転をOFFにしたいときにかなり使い勝手が悪くなって困っていた。

まとめ

と言うわけで、私は次のiPad3に向けて期待を。
iPad2登場で一気にAndroid3.0系のタブレット端末の話題が吹き飛んでしまった感じはあるが、どこまで巻き返せるか。。。

『PC関連』 lenovo ThinkPad Edge 14のHDD交換やメモリ増設は簡単に行えるか

HDDをSSDに交換できるかが一つ気になっているところだったりするわけですが、その辺について調べてみました。

リカバリーディスク作るべし

HDDはパーティションが切ってあって、Qドライブにリカバリーディスクに必要なソフトが入っている。Qドライブをクリックするとリカバリーディスクを作るか、HDDを初期化するか聞いてくるので、リカバリーディスクを作っておきましょう。昔買った2倍速のDVD-Rでもそれほど時間かからなかったので、必ず作っておきましょう。作らないと後悔するときが必ず来るのが世界の法則

裏蓋開けてみた


どう考えてもここにメモリとHDDがありますよって蓋が。ねじを緩めてふたを外す。ねじは完全に抜けるのでは無く、ふたに引っかかって抜けないタイプ。これだとねじはなくさないし、ねじを間違えることが無いので、細かい配慮がうれしい。ただこれは、ユーザーのことを考えているだけで無く、組み立て作業でミスを起こさないための工夫でもあると思われる。


開けてみた。拡大画面も出したいところだけどピンぼけ手ぶれしているので勘弁。また蓋を開けて写真をとるのは面倒なので(°□°;)

メモリとHDD,それにCPUが見えます。CPUもソケットタイプなので交換しようと思えば交換できるのかもしれません。チャレンジャープリーズw


メモリはエルピーダ製の2GB×2。4GBで不満は全くないが、4GB×2に交換できないことも無い。今の相場だと大体1万円くらいの出費。
メモリ交換の話が何で出てきたかというと、それは別エントリーで触れます。


HDDはSeagete製でした。500GBの5400RPM。取り外しも楽ちん。普通の精密ドライバでHDDカバーも取り外せるので、これは作業楽。
余っているSSD(インテル製80GB)に交換は当然アリ。メインPCで80GBは厳しいと最近感じているのは確かだが、サブPCならやりくりできるしね。

ふたをはめるときの注意点

ねじが引っかかってちゃんとふたがかみ合わないと焦るかもしれないですが、そこは落ち着いてねじの位置を合わせてやるとちゃんとはまってくれます。

まとめ

HDD交換もメモリ増設も楽ちん。チャンスがあったら試してみたいかも。その日は意外と近い?

『PC関連』 lenovo ThinkPad Edge 14をセットアップetcしてみた

先日、今まで使っていたDELLのノートPCが壊れて、その代わりに注文したlenovo ThinkPad edge 14が3月3日に届きました。
後から注文したMacより遅く着いたので、なんか微妙な上に、結局は購入する必要なかったのでは的な気持ちにさせられた微妙な1台です(´_`。)
でも、そんなこと無いと自分を納得させてます。MacにはWindows入れないもん。


こんな感じの箱に入って到着。


中からとりだしてみたら、不織布に包まれていた。ほう、これはなかなか粋な計らいですな。


赤天板にしてみたが、これ意外とつるつるしていて指紋が目立つし、傷がついたらちょっとショックかも。ミッドナイト・ブラックの光沢なしにしておいた方が精神的安定になったかもしれぬ^^;
ThinkPadマークは健在。


蓋を開けてみる。中にもThinkPadマークが。キーボードはアイソレートタイプ。昔ながらの赤ポッチも健在。でも、昔のThinkPadとはキーボード配列が微妙に変わっているので、若干不評なんだっけ?
キーボード周りはちょこっとコメントしたいところあるけど、それは後ほどで


右側面。USB2.0が2系統、マルチドライブと電源。USBに刺さっているのは、Microsoft Wireless Mouseのレシーバー。


背面。USB端子、黄色のマーク。これはいわゆるPC本体の電源を落としていても、この端子に刺したデバイスに充電できますよって端子ですね。背面についているのが適当かどうかは意見が分かれそう。個人的には左側面に欲しかったかな。


左側面。放熱部分とD-SUB15ピンコネクタ、eSATA/USB兼用端子、Ethernet、HDMIとPCカードスロット。はじめこれ、SDカードスロットだと思っていたのですよね。でも、SDカードスロットは違うところにあった。どこにあったかというと、


正面右下にSDカードスロットはあった。斜め下方向に角度がついているので全く気がつかなかった。
なんでここまで写真で説明したかというと、若干の不満点があってそれと関連しているのです。

ThinkPadの不満点その1 マニュアルが最小限度過ぎる

マニュアルが極端なほど最小限度過ぎる。電源をつないで立ち上げるまでのマニュアルとサポート連絡口のマニュアル。PCリサイクルシールの申請用紙。これくらいしかついていなかった。だからね、各端子がどこについているかの説明も無し、電子マニュアルくらいあるかと思ったらそれも無しで、SDカードスロットに気がつくまでに時間がかかった。下手したら、実際にSDカードを使うときまで気がつかなかった可能性が。

ThinkPadの不満点その2 キーボード

F1~F12キーが、音量UPや液晶の明るさ調整etcの機能キーになってる。F1とかを押したければ、Fn+F1にする必要あり。これがデフォルト設定。Macと同じですな。
これって如何な物かと。ファンクションキーは使う機会が多いのだからデフォルト設定がこれは良くないんじゃ無いかな。
もちろんBIOS設定で変更可能だけど、マニュアルが無いのでわからない人も出てくるだろうな。
そこ意外はまぁ、それなりにキーボードは打ちやすいのでOKですな。InsertやDelete、PgUP/PgDnキーの位置が気になる人がいるかもしれないかなって程度。私的には許容範囲。

ThinkPadの不満点その3 ACアダプタ


ストレートに刺すタイプ。個人的に嫌いなだけなんだけどね。
DELLのPCもこのタイプだったので、ワールドワイドではこちらが主流なのだろうか。

ThinkPadの不満点その4 サポートソフト

ThinkPadは独自のユーティリティソフトがついていて、それの使い勝手の良さが一つのアピールポイントになっています。確かにそれは実感したのですが、ツールに組み込まれているリンク先に飛ぶと、USサイトに行ってしまうのは如何なモノかと。これは細かい不満ですが。。。

ThinkPadの不満点その5 ふたを閉じてもきちんと閉じられない

おっと、これを書くのを忘れていた。
ふたを閉じてもきちんと閉じられないですが。若干隙間が空いてるのよね。凄い気になる。これも細かい不満だけど。

電源ON、セットアップ

まぁ、そんなことを思いつつセットアップ開始。



電源ON状態で、iの○部分が赤く光る。なんか、よいなこれ。しかし、天板、指紋が目立ってイヤーン。

Windowsセットアップ開始。まぁ特に問題なく終了。その後、ドライバのアップデートなどを行うが、操作をしていると若干の引っかかりが。これはHDDだからなのかな。まぁ、こればっかりは仕方無しかな。
ドライバ等のアップデートはThinkVantage Toolから行ったけど、保証期間は1年強、450日くらいあるようで「おおっ」と感心した。ドライバのアップデートとWindowsアップデートが同時に出来るようでこれは便利なツール。
だけど、ドライバのアップデートが終わったらWindowsの更新ツールをつかってアップデートを行いましたが。

Windwosのパッチ当てるので気がついたけど、ある程度パッチは当たっていたので大量にダウンロードして時間がかかると言うことは無かった。ただ、うまいタイミングでSP1は当たっていなかったようで、それは自力で入れた。
SP1を入れるまでに、結構パッチを当てたんだけど、SP1ってその辺を内包しているんじゃ無いの?

省電力設定でパフォーマンスを色々いじって、ある程度快適に動作するように。
その後、ある程度必要なソフト、FireFoxやATOK2011、Evernote、そして一番大事なFF XIをインストール(´_ゝ`)
大丈夫なのはわかっていたけど、64bit版でFF XIがちゃんと動いてくれて安心。これで我が家のWindowsはすべて64bit版に。32bitWindows7がもう1台あったから、32bitOSはLinuxだけになっちゃったと言うわけでは無くなった。

ちょいと使ってみて

いや、特に不満なし。今回は外付けGPUが必要だったので、若干値段もUPしたけど、チップセット内蔵GPUでよいなら、6万円切る値段でこの性能は良いな。個人的には、液晶の解像度がもう一回り大きくても良かったが、これはコストとの兼ね合いになるから仕方無しか。世間が16:9メインになってから、16:10の液晶って設定が少なくなって残念で仕方が無い。
ファンの音が意外と気になるが、これはしょうが無いと割り切るしか。また、今までずっとSSDを使っていたので、HDDのアクセス音が気になって仕方なし。
MacBook(Mid 2009)もHDDだけど、これはHDDアクセス音が気にならなかったな。ドライブの違いによるモノかなと。

総合的に

この値段でこの性能、この使い易さなら全く問題なし。逆にこんなに安くて良いのかと思ってしまう。こりゃ日本メーカー太刀打ちできないわけだよ。グローバル展開による大量生産でコストダウンと調達力を上げているって言うのがポイントなんだろうね。
こんなに安くPCを導入できるのだから、会社のPCも変えてくださいよ。本当に。PCを変えたり、デュアルディスプレイにすることによる生産性アップってことをTOPが理解していなくて非常に悲しい。