『鉄道旅行』 久しぶりの18きっぷの旅 日生・呉 2日目 その2

その1からの続きです。

昼食

カレーを食べたいと思いながら大和ミュージアム向かいの駐車場が入っているビルの2階のレストランへ向かいました。

お土産コーナーには
IMG_20131215_114401
赤城さんが!

このほかに、戦艦大和に搭載されていた九六式25mm高角機銃が置いてありました。
写真は取り忘れてた!
本物かレプリカかは解りませんでしたが。もしかしたら、映画「男たちの大和」の撮影で使われたモノなのかもしれません。

で、昼食ですが
DSCF1174
くじら肉カツカレー。潜水艦のてつのくじらにちなんだカレーぽい。
味は普通でした(°□°;)

このレストランで大和ミュージアムの前売り券も売っていたので、ついでに購入。100円お安く入手できました。

大和ミュージアム

まず最初に感想を書いちゃうと、大和ミュージアムは是非見ておくべきです。

DSCF1175
大和ミュージアム入り口

DSCF1176

DSCF1178

DSCF1179

DSCF1180

DSCF1181

DSCF1182

DSCF1197

DSCF1198

DSCF1200

DSCF1201
10分の1戦艦大和。このサイズでもでかい。
沖縄特攻時の艤装で復元しているんだったかな。

DSCF1183
進水当時の戦艦武蔵の模型が脇に展示してありました。戦艦大和の模型と比べると、航空機が戦闘の主役になったというパラダイムシフトに対応するために、対空兵器を満載したってことが解ります。

このほかには、呉鎮守府の歴史や太平洋戦争に関する展示資料が充実した展示内容が素晴らしかった。

展示を順路に従って見ていると、最後のあたりに軍艦の模型を展示してあるコーナーが。
これがまた良かった。
DSCF1187
戦艦扶桑。この砲塔の配置はアカンやろ。艦橋と煙突に挟まれた真ん中の砲塔が使いづらそう。

DSCF1188
イ401潜水艦。潜水母艦にはどのように航空機を格納していたのか疑問だったけれども、それが解決。
このように格納していたんだなと。

DSCF1189
航空戦艦伊勢。大戦末期に空母不足に陥ってその打開策として航空戦艦に改装。
でも、搭載する艦載機がなかったとか。
発艦はできるけれども着艦はできない。着艦するときは地上基地か他の空母。そんな運用は実用的だったのだろうか?

DSCF1190
戦艦榛名。偵察用航空機はどこに格納していたんだろうか。露天駐機だと大砲ぶっ放したときに爆風で壊れてしまいそうだけど。

DSCF1191
たしか、戦艦陸奥。

DSCF1192
駆逐艦島風

DSCF1194
空母翔鶴か空母瑞鶴だったような

DSCF1195
空母飛龍。4-1をずいぶん回ったけどドロップしないんだよな。。。

DSCF1196
空母大鳳。マリアナ沖海戦の決戦兵器として期待されていたが、日本海軍のダメコン不足による航空機燃料漏れにより轟沈(涙)。

建物外にも展示物があって、
DSCF1202
戦艦陸奥の碇。巨大な船を固定するためにはこれくらいの大きさになるんだな。

DSCF1203
戦艦長門、戦艦武蔵の41cm主砲の砲身。これも、凄くデカイのですが。
46cm砲の砲身はこれよりさらにでかいのか。

DSCF1204
DSCF1205
戦艦陸奥のスクリューと舵。ちょうど横を人が通りかかっていたのですが、大きさを比べてみるとその大きさにビックリ。

とまぁ、非常に充実した内容でした。これで500円(前売り400円)は安すぎる。

てつのくじら館

大和ミュージアムのすぐそばにてつのくじら館という建物があります。

DSCF1206
潜水艦が目印。これ本物です。

展示内容は、海上自衛隊の掃海業務と潜水艦についての解説。
潜水艦の展示内容の一つとして本物の潜水艦を展示しているのです。
もちろんなかも見学できて、
DSCF1207
操舵室の写真。

潜水艦内部は居住エリアが非常に狭くて驚いたです。潜水艦そのもの大きさに比べて小さいなと。
この中で数ヶ月の勤務を行うのは大変だなと。

潜水艦には潜望鏡があって実際に覗くこともできました。ちょうど入港していた潜水艦を潜望鏡から見ることができました。

以上で観光を終了して、3時頃に大阪へ戻りはじめました。

とまぁ、非常に充実した旅行になったと思うのですよ。
また行きたいですな。

『鉄道旅行』 久しぶりの18きっぷの旅 日生・呉 2日目 その1

二日目です。呉方面を攻めます。

海上自衛隊の護衛艦一般公開

広島駅8時7分発の列車で呉駅へ。9時1分に到着します。

海上自衛隊呉地方総監部では、毎週日曜日に護衛艦と総監部庁舎の一般公開をしています。
護衛艦の公開は、1回目が午前10時からで受付が9時40分からなので、まずは護衛艦の見学に行きます。

呉駅前を9時20分に出発するバスに乗ると、ちょうど受け付け開始前に昭和埠頭に着きます。
Webの説明ではちょっと解りにくかったのですが、3番乗り場から出るバスならすべて昭和埠頭を通過するようです。

DSCF1161
入り口。案内看板が出ています。

受付後、案内開始まで待ちます。
DSCF1131
今回見学する護衛艦。
左側に見える護衛艦が、護衛艦とね。この船を見学します。岸壁側に係留されているのは護衛艦あぶくま。

DSCF1134
護衛艦あぶくまを経由して護衛艦とねに入ります。

DSCF1144
護衛艦とねの入り口。

DSCF1136
護衛艦の艦橋。

DSCF1137
護衛艦あぶくまの主砲

DSCF1139
護衛艦とねの主砲

DSCF1143
アスロックのランチャー、裏側

DSCF1146
アスロックのランチャー、こちらが正面

DSCF1147
魚雷発射管

DSCF1148
ハープーンミサイルのランチャー

DSCF1149
艦隊防御の最後の砦、20ミリ機関砲

DSCF1150
海軍旗じゃなくて、海上自衛隊旗。風が吹いていたら良い写真になったかもしれないけれども

DSCF1155
さりげなく置いてあるけれども、砲弾の薬莢。

見学対象外ですし近づくことはできなかったですが、他にも船舶が係留してあります。

DSCF1158
敷設艦むろと。質問している人がいたので、そばで聞いていたら、この船は通信ケーブルなどを敷設する船ですと答えていた。
自衛隊で使う通信網や海に埋めてあるソナーの通信網を整備しているんだろな。
あと、有事には機雷も敷設するんだろうね。

DSCF1130
DSCF1160
輸送艦しもきたを違うアングルから。
遠くから見ただけでもかなりデカイ船だったのです。ヘリ搭載護衛艦のいせ、ひゅうが、いずもはこれよりさらにデカイ(いずもは第2次隊戦闘時の空母並の大きさ、戦艦大和と大きさ的には遜色無し)というから、そちらも見てみたいですな。

以上の流れで見学終了。だいたい30分くらいでした。

呉地方総監部 第1庁舎一般公開

呉地方総監部の第1庁舎の一般公開も土曜日に行われています。時間は、午前だと10時30分から11時30分まで。
今から行ったら間に合うとの事だったので行くことに。

護衛艦公開場所で立哨に当たっていた自衛官の方は、坂道が歩けれども徒歩15分くらいですと話していたのだけれども、道は狭くて歩道がなくて危険なので、バスで行くことを薦めます。

昭和埠頭のバス停を10時45分頃発車するバスに乗ると、10時50分過ぎくらいに総監部前バス停に着きます。
私が乗ったときは、乗客がギッシリ詰まっていたところに何とか乗り込みました。

DSCF1162
総監部入り口。

見学は10時30分からですが、10時30分、11時と2回に分けて案内してくれているようで良いタイミングで到着しました。
立哨の自衛官が間に合うと言っていたことはこのことだったんですね。

DSCF1163
DSCF1165
DSCF1170
第1庁舎。大正時代に作られた後そのまま残っている。
屋上にあるドームは第2次大戦の空襲で焼け落ちたが、平成になってから再建したとのこと。

建物前にある松は船の碇を模したものらしい。

DSCF1164
イギリスから寄贈された大砲らしい。
らしい、と言うのは記録が残っていないから。敗戦時に書類をことごとく焼いたので記録が残っていないんだと。

DSCF1169
DSCF1168
庁舎裏側。裏側ではなく海側と言っているんだって。
その理由は、将官が海に係留した船からやってくるため海側と称してさらに、立派な作りにしてあるんだとか。

DSCF1167
海側にある階段。
明治天皇が呉鎮守府に来るときに備えて階段を作ったのだが実際に使われなかったとか。
その理由は、この階段の脇に坂があってそこを馬車で通ったからなんだって。

このような感じで30分かけて説明がありました。

この後、大和ミュージアムへ向けて移動しました。この移動は徒歩でも十分です。
前日と変わって、寒いんだけどお日様が出ている所を歩くとポカポカしているので、寒いのか暖かいのかよく解らない感じであるいてました。

続きはその2で。

『鉄道旅行』 久しぶりの18きっぷの旅 日生・呉 1日目

久しぶりに青春18きっぷを使った旅行をしてまいりました。
ブログには書いていないですが、2012年の春に日生にかきおこを食べに&新所原駅のうなぎ屋さんにウナギを食べに行って以来かも。

その後、鉄道旅行も特にしておらず、近場の和歌山城を見に行ったりや、嵐山に紅葉を見に行ったりなど低調気味だったのですが、ついに思い立って久しぶりに出かけようと思った次第です。

18きっぷは5日間有効。それをどのように使うか考えた結果、以下のようなスケジュールに。
12月14日 日生駅に行ってカキオコを食べた後、広島に移動。広島風お好み焼きを食べて広島に1泊
12月15日 呉の大和ミュージアム、海上自衛隊の護衛艦一般公開を見学。大阪に戻り
12月21日 飯山線乗りつぶし。恐怖の5時4分発の列車で出発の強行軍。新潟で1泊
12月22日 新潟から上越線経由で高崎まで移動。その後、吾妻線を往復。高崎1泊
12月23日 高崎から信越線横川駅まで往復した後、高崎へ戻り、八高線経由で八王子。そこから中央線で大阪に戻り

3連休はかなりの強行軍なのですが、体持つかなと。それより21日の朝に起きれるかが心配。

日生でカキオコ

9時25分、新大阪駅出発の新快速で播州赤穂駅へ。
いつもなら姫路あたりで座席が空く程度の乗車率なのに、なぜか立ったままの乗客が出るくらいの混雑。
おまけに、姫路からもわんさか人が乗ってきて結構な乗車率。
これの乗客がみんな播州赤穂駅で乗り換えるのか?と思ったら、
1386987438147
赤穂義士祭が開催されるので、それ目当ての人たちでした。ちなみに、8万人くらいの人出があったとか。

日生駅到着。前回は日生駅真裏のお店でカキオコを食べましたが、今回は五味の市という市場に行ってその辺りで食べる事に。
駅から徒歩で移動しましたが、距離的には徒歩で移動できる距離です。道も割合平坦ですし。
道の途中にも何件か、カキオコのお店がありましたがどの店も行列に。かきおこでの町おこしに成功したってことですな。

市場着。市場に来た目的はと言うと
DSCF1120DSCF1121
カキフライソフト。話のネタに一回は食べたい。味は、不味くはないが美味しくもない。微妙なライン。

DSCF1122
市場では岩牡蠣を籠に入れて売っています。これが安いのか高いのか解らないですが(´・ω・`) 

DSCF1123DSCF1124
昼食はかきおこと決めていたのですが、お店は屋台しかなかったので、屋台でかきおことカキの焼き串を購入して市場2階のフリースペースで食べました。
問題なく美味しいのですが、どうせ日生駅に戻るのだから駅裏のお店で食べたら良かったですな。

食べ終わったところで12時50分頃で、次の岡山行きの電車が13時56分。
ブラブラしながら駅に戻りました。

市場の反対側方向へ歩いてみると、
IMG_20131214_125617
バーベキュースペースが。
90分1000円で場所のみの提供だそうです。食材は持ち込み。つまり、そばの市場でカキやら魚介類を買って食べてくださいねって事です。

海側に沿って歩いてみると、
DSCF1125
島に橋を架ける工事をしている風景が見えたりしました。

広島へ移動そして広島風お好み焼き

13時56分発の電車で岡山へ。
岡山で15時10分発岩国行きの電車に乗り換え。山陽本線はボックスシート車両だったり転換クロスシート車両だったりと当たり外れがあるんだけど、上手く転換クロスシート車両が来たのでゆったりした感覚で広島へ。
ただ、寒波が襲っている寒い天気だったので社内でも寒くて仕方が無かった。壁から冷気が伝わってくるのよね。

18時17分広島着。お好み焼きを食べようとひろしま駅ビルASSEの2階へ。
麗ちゃんという店に凄い行列ができていたのですが、そこは有名店なのですかね?
お店を見て回った結果、よっちゃんと言う店で食べる事に。
このお店、広島空港で食べたお店と同じかなと思ったのですが、あちらはみっちゃんでした。

DSCF1128
注文したのは、そば入りお好み焼きにネギ山盛り、カキの塩焼きハーフです。
大変美味しゅうございました。広島風お好み焼きは自宅では作れないのでこういう機会を利用して食べないとデスね。
作っているところを見ていたら、エビ入りお好み焼きも美味しそうだったので次に広島に来たときはそれを食べてみるかなと。
あと、うどん入りはどんな味をするのか食べてみたい。

そんな感じで1日目の旅行は終了です。

『艦これ』 艦これ、はじめちゃいました

今さらではありますが、艦これをはじめました。11月14日着任です。

実は、6月くらいから注目していました。

と迷っている内に、サーバー満杯な状況で新規登録できなくて、ずっと放置していたのですが。。。
急に「これはやるしかない」と思ったのが11月13日。進行中のイベントの記事を見てかな~。


新規受付が


17時30分から始まったのが、


30分で終了したら勝負にならぬ。

ぐぬぬ、と思っていたら翌日、


と来たので、チャレンジしたところ、


と無事着任できました。

はじめたばっかりの頃、建造に資源突っこみすぎてアップアップになったり、出撃しすぎて燃料が足りなくなったりと色々ありましたが、今ではペースもつかんでどっぷりと嵌まっております。
初めの鬼門らしい2-4も突破して、3-2で牧場経営と4-3で駆逐艦レベル上げをしています。

そんなわけで、艦これの話もポチポチ書いていこうかな~と思っています。

艦隊これくしょん ~艦これ~ 掛け軸タオル 第六駆逐隊
タカラトミーアーツ (2013-12-31)
売り上げランキング: 3,049

『デジタルガジェット』 Nexus5を使って1ヶ月

Galaxy NexusからNexus5へ乗り換えて、だいたい1ヶ月たちましたので、感想などを。と言っても、ありきたりなのですがね。

CPUパワー

主に使っているアプリとやっていることは
・twiccaでtweetをみる
・twicca経由でwebページを見る
・写真を撮影したりする
・その写真をtweetしたり
・その写真をfacebookに投稿したり
と言ったことしかしていないので、CPUパワーはあまり使っていないのですよね。

なので、Galaxy Nexusから乗り換えて、目に見えた変化はあったかと言われると無いですね。
ただ、twiccaからブラウザの切り替えのレスポンスは若干上がったかな?という気がしています。。。

せっかく高性能なCPUを積んでいるので、その効果をじっくりと味わってみたいが、モバイルでCPUパワーが実感できるアプリはどんなアプリなんだろう。
ベンチマークアプリってのは無しで

カメラ

そんなに頻繁ではないですが、カメラを使っていて思うのは、画質はGalaxy Nexusより上がっているかなと感じています。
これプラス、手ぶれ補正が入っているので、その効果が大きいなと。

LTE対応

Nexus5はLTE対応なのです。日本で手に入るモデルの対応周波数は、NTT docomoの周波数で言うと、Band1(2.1GHz)、Band3(1.7GHz)に対応。
今のところはBand1しか使えてない状況ですかね。2.1GHz帯だからだと思うのですが、建物の中にいると信号状況が不安定になっている時があるんですよね。
その様な場所では無理をせず3Gで通信して欲しいのですが・・・
今後、NTT docomoが800GHz帯のエリアを広げてきたときに(現在拡大中ですね)、そのメリットを受けることができないのはイタイかなと。

そういう意味では、北米モデルだとBand1(2.1GHz)、Band19(800MHz)に対応しているので、こちらを手に入れた方がメリットあるかなとも思っています。北米モデルだと3GのFOMAプラスエリアが対応していないので、これは困るかもですかね。
周波数対応はグローバルモデルの弱点かもしれないですね。

とこんな事を書いてはいるものの、電波状況に極端に困っていないのも事実。
来年あたりにモバイルルータを4バンド対応のに切り替えて、そちらと併用しつつ運用したら良いかなと思っていたり。

SIMフリー端末

Nexus5はSIMフリー端末です。私はSIMフリー端末推進派です。
なぜかと言うと、今のSIMロックによるキャリア縛りの販売施策が健全な市場形成を阻害しているなと思っているからです。
iPhoneもSIMフリー端末が発売されたから、この状況が変わって欲しい。

で、キャリアの施策によって端末実質0円とかMNPならキャッシュバックとか訳のわからない状況になっていてかつ、長く使っているユーザーにとっては全く優しくないこの状況がねぇ・・・。
それに、端末が実質0円とか言っても、本当は安くはなっていないともうんですよね。

SIMフリー端末だと結局高く付く事は無いという話を、ちょっとシミュレーションしてみるとします。
ストレージサイズ16GBの端末だと実質0円の場合が多いと言うことを考慮に入れてみて、回線種別をデータ通信専用としてみます。
キャリア契約だと月々の維持費が6300円かかる(データ通信5985円+プロバイダ315円)ので、2年間にかかる費用は6300円×24=151200円。

一方で、MVNOの回線を使う場合、NTT docomoと同じ条件になり、私も使っているBIGLOBE LTE・3G スタンダードプランだと、月々の維持費は3980円なので、2年間にかかる費用は
端末代39800円+回線費3980×24=135320円。
15000円安いですよ。音声回線抜きなので若干反則気味ではありますが、音声はガラケーで運用するって事で(汗
使い方によっては200kbpsの回線でも十分な場合もあるので、それだとさらに安く済みますね。

他に月1GB、2GBとかいろいろなプランから選べるし、何より2年縛りがないので、良いサービスが始まったらすぐに別会社の回線に乗り換えもできるし、端末も一括払いしているから1年で乗り換えようと思ったら乗り換えれますからね。

セルスタンバイとアンテナピクト

今使っているMVNO SIMがSMS非対応なので、いわゆるセルスタンバイ問題が発生しています。端末側で対応してくれていたら良いのに~。
自宅でWi-Fi運用しているときと、外出しているときでは電池の減り方が違います。
Wi-Fi運用しているときは、設定-電池-セルスタンバイが100%にならないのに対して、LTE運用しているときには100%になっちゃっているので、明らかにセルスタンバイ問題かと。

一方で、アンテナピクトは正しく表示されます。Galaxy Nexusだと正しく表示されなかったな~。

ロック画面では
Screenshot_2013-12-05-22-39-53
と、「通信サービスがありません」などと表示されるのですが、これもSMSサービス対応のSIMだと正しく表示されるとか。

BiglobeもとっととSMSサービスに対応してくれないかな。

結論 Nexus5は今一番お薦めできるAndroid端末

いま、Android端末を買うならNexus5しか無いと思います。
その時、SIM契約がネックとなるので、ちょっとこの手の知識が無いと手が出しにくいところがあるのがネックですが、「それは大丈夫だ」って人は是非買いましょう。
MVNO業者も、Nexus5とセットで売り出すところが出てくると思いますよ。

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670
NTTコミュニケーションズ (2013-08-29)
売り上げランキング: 24

『デジタルガジェット』 Nexus5のアクセサリ、液晶保護フィルム、ケースなど

と言うわけで、発売日にポチッと購入しちゃったNexus5、当然のように液晶保護フィルムの購入に動きます。

液晶保護フィルム選び

今までは、レイ・アウト製の保護フィルムを好んで買っていたのですが、11月1日時点では未発売。
さらに、この時点では、選べるほどの商品はなかったのですが、その少ない商品の中からSPIGEN SGP Google Nexus5 クリスタル [液晶保護フィルム]【SGP10559】を買いました。

買ったときのレビューで貼るのに失敗した人の逆ギレレビューしかなかったのですが、実際に買ってみて使ったところ、
良い点としては
・買った当時の値段1290円でフィルム3枚入りなのはコストパフォーマンス高い
・フィルム貼りも特に問題が無かった。苦手な人は苦手なのでしょうね
・フィルムを貼った後にも視認性が悪くなる等の問題なし
一方で悪い点は
・フロントカメラとセンサー部分もフィルムで塞がれるのが気になる
・手の滑りが若干良くない気がするが、慣れたら気にならなくなったような・・・
と言う点です。
総合点としてコストパフォーマンスが良いしお薦めできます。3枚入りなので、フィルムがへたってきたら交換できますしね。
私が買ったときは1290円だったのですが、今だと840円ですね。というか、11月9日の時点で840円になっていたのかー

ケース選び

普段ならケースをつけることはないのですが、Nexus5はカメラの保護部分が出っ張っているんですよね。
この部分を引っかけて壊れる、ヒビが入るなんてことが起きて、結果的にカメラが使えなくなりそうな未来が予測できたので、ケースをつけて段差部分を無くそうと思ったんですよね。
その様な理由から、到着翌日の11月6日にケースを買いました。
この時点ではほとんど種類がなかったのですが、保護フィルムと同じメーカーのSPIGEN SGP Google Nexus5 ケース スリムアーマー (シャンパン・ゴールド【SGP10566】)を注文しました。

11月8日に到着したので、Nexus5にケースを装着してみたら、とんでもないことが・・・

twitterでのつぶやきにあるように、ケースを装着したらNexus5本体の電源ボタンとボリュームボタンが押されっぱなしの状態になるという不具合が。
その結果、どのようなことが起きるかというと、
・電源ボタンが押されっぱなしなので、スクリーンON/OFFをくり返す
・スクリーンON/OFFするのは運が良い方で勝手に電源ONされたりOFFされたりする
・気合いで電源ボタンが押されないように工夫しても、ボリュームボタンが押されっぱなしなので、ボリュームUP/DOWNがくり返されてまともに操作できない
という、トンデモない状況に。
これは明らかに設計ミスだろうって事で、Amazon経由のメールでクレームしました。

メーカーからの返事は
・こちらでもこの問題は確認している
・問題が発生しないように設計したつもりなんだけど、実物の個体差が大きすぎてこちらも困ってる
・急いで設計やりなおして、再生産しているところ。
・問題ない製品ができたらすぐに送るから一寸待っててね
でした。

問題ない製品が届くまでに時間が掛かるんだろうなと思ったら、11月14日には届きました。
1週間で対応したと言うことですね。
届いたケースに取り替えると問題は解決していました。
ボタンが覆われているので、ボタンへのタッチ具合は若干悪くなってしまいましたが、特に問題なく使えています。
なので、現時点ではお薦めできるケースかなと。

もう一つケースを買っていました

上記のトラブルがあったため、代替ケースとして、Cruzerlite Bugdroid Circuit Case for Nexus 5(クリア) Nexus5-Circuit-Clearも購入していました。

結果的に、1週間しか使いませんでしたが(´・ω・`)
シンプルなTPUタイプのケースだったので、使いやすいですね。
ボタン部分が切り込みなのでアクセスするときに引っかかりがあるのですが、これは仕方が無い部分ですね。

Nexus5を1ヶ月使ってみた感想については別記事で。明日くらいに。といっても、既に出尽くしているレビュー記事と大差ないと思うんですがね

『デジタルガジェット』 Nexus5買いました、発売日に

久しぶりのブログです。

タイトルの通りですが、Nexus5買いました。発売日に。
11月1日の朝、ご飯食べながらニュースチェックをしていたら、午前3時からNexus5発売されたとのニュースが。
この時点で1回、Google Playのカートに入れたのですが、買うべきか否か相当迷いました。

手元にあるGalaxy Nexusで普段使いには問題が無いので、買い換えは2年縛りが切れる来年3月or4月にNexusシリーズのSIMフリー端末を買うつもりでいました。
ただ、Galaxy Nexusは鞄に入れていたとき、一緒に入っていたポットから水漏れして水没した事があったんですよね。
気がついたらすぐに電源を切って乾かしたら復活したのですが、したボリュームキーが使えなくなって不便に思っていたのです。

そんなわけで悩んでいたのですが、結局その日のお昼には注文しちゃいました。

朝、すぐに注文した人たちは即日発送されたようですが、お昼注文した私は11月3日に発送されました。

そして、11月5日に届いたのです。


どうせ買うのなら、当日の朝に注文しておけば連休中にいじり倒せたのにとおもいっきり後悔しました(´・ω・`)

twitterでも呟いたのですが、電源入れるといきなりシステムアップデートされるので、初めはSIMを入れずにWi-Fiのみで接続すると良いと思います。と言っても120MBほどだったので、3G/LTEでもそれほど帯域制限に引っかかると


SIMは既に契約済みのBIGLOBE LTE・3G スタンダードプランのSIMを使いました。
SIMは3枚発行してもらっていたので、その内の1枚を使っています。もう1枚はモバイルルータに使っていて、まだ1枚SIM余っているんですよね。
twitterでも呟いているのですが、SMSサービス無しのデータ通信専用SIMなので、いわゆる「セルスタンバイ」問題が発生しちゃってます。
BiblobeのサービスがSMSサービスに対応したら、SMSオプションを契約しようかと思っています。

と言うわけで、買ってみましたの話です。
別記事で、1ヶ月使ってみた感想などを書きたいと思います。と言っても、他のレビュー記事とそんなに変わらないし、そこまでハードな使い方をしていないんですけどね(´・ω・`)