『鉄道旅行』 熊本・鹿児島旅行3日目

ブログ書くのに時間がかかって寝る時間が遅くなった上に、さすが南国、暑くて寝付けなくて4~5時頃に記憶なくす。
6時頃に目を覚ましたから、1時間は寝たんだろうか。

十分準備をして、忘れ物が無いかの確認をして出発したはずなんだけど、豚みそ、SL人吉記念乗車切符、肥薩線絶景区間の案内パンフレットをホテルに忘れた模様。気がついたときにはもう、熊本だったという罠。

この3連休、花粉症と思われる症状が出ていないんだけど、薬が効いてるのだろうと前向きにとらえて出発。

鹿児島市電で鹿児島中央駅

今日はちゃんと鹿児島市電で鹿児島中央駅に向かった。 朝日通~鹿児島中央駅間。JRとか第3セク乗り潰した後は、私鉄に移ってさらにはこういう地方鉄道最乗潰すことになるのかなぁ。。。


鹿児島中央駅着。なんか今にも雨が降りそうな空模様で困る。。。


2年前に来たときには無かったお土産売り場。2年前は、一列にお弁当屋さんとかが並んでいた記憶があるんだけどね。
ぶらぶらと探索。薩摩揚げはにおいがするので今回は敬遠w
しろくまは興味があるが、夏だったら買って食べたり、家に配送してもらったかな。それにしても、凄いボリュームで圧倒される。

駅弁コーナー見てみたら、出水駅で購入できなかった赤ワインステーキ弁当が売っていたという悲しいオチが。。。

駅弁コーナーにこのような新聞記事が貼り付けてあったので、駅弁マニアは参考にしてね。
有田焼カレー駅弁は、(?_?)と言う人も多そうだけど、最近有名になった駅弁で、有田焼に入っているカレー弁当。1500円。有田焼の容器はお持ち帰り可能という。キオスクでお願いすると暖めてくれるというサービス付き。確実に買おうと思ったらこれも予約必須。
旅名人の九州満喫切符が4月からも継続発売されるなら、佐賀、長崎乗りつぶし旅行をGWに考えているんだけど、その時に是非購入したい。

というわけで、朝からヘビー級な食事に。。。

その後、新幹線ホームで電車を待っていたんだけど、改札通ったら黒豚たこやき?みたいなのも売っていた。さすがに買わなかったけどw
新幹線がきて、扉が開いたと思ったら

これは・・・、柵を乗り越えてゆけと言うことか!
その後すぐホームドアが開きましたがね。



N700系車内。RailStarと変わらんと言われたらおしまいですがwww

鹿児島中央~熊本



美味しくいただきました。

熊本に向かうにつれて、空模様が怪しくなり、若干不安になる。雨の中城探索はきついな~~

熊本駅 新幹線ホーム側


到着ニャ。19日、20日と比べて異常に寒い。


熊本駅コンコース。く、広いな。僻地にある新青森駅なんかと比べちゃいけないのは解っているが。。。。
ホームも広かった(;つД`)


新幹線口駅舎。モダン?

さらに、新幹線口にあるお土産売り場をぶらぶら。バター飴なんて売ってた。バター飴==函館ってイメージがずっとあったんだけど、米子でも売っていたし、熊本でも売っているってことは、酪農が盛んな地域ではどもでも売っているのかしら。
そのあと、在来線口へ移動。アクセスが良くないけど、高架化工事が終わったら改善されるんだろうな。
駅前から熊本市電に乗って熊本城へ。

熊本城

ここから長くなる。。。
熊本城前についたときは、かろうじて雨が降っていない状態。この状態が続くように祈る。


案内板を見て、清正公銅像から見始めることにする。


加藤清正公銅像。戦上手の上に、民政家としても優れた才能を持っていた、名将。築城、治水事業など土木関係にも非常な才能を持っており、今も熊本県民から慕われている。清正公神社もある神様。



熊本は地下水が豊富。

このあと、行幸橋から熊本城内へ。って、昔はこの辺も熊本城だったわけですが。。。


備前堀です。うーん、お堀


桜が咲き始めている。サクラですよね、桜ですよね。梅じゃ無いよね。

櫨方問から城内へ。


お城入り口にまたこのような張り紙が。ここでも自粛か。地元イベントなら開催すべきなのに。
入り口でパンフレット兼地図をもらう。櫓・石垣コースを選択することにした。


入ってすぐ見た、飯田丸五層櫓。加藤清正の右腕、飯田角兵衛が預かっていた櫓なのかね?


椿園があるのよね。


お城のあちこちに井戸がある。地下水が豊富なので、あちこちに井戸を作って籠城線に耐えられるようにしたらしい。でも、加藤清正なら、籠城より打って出るタイプだったろうな。


道も、コの字型になっていて直進できないようにしてあるんだよね。
昔はこの場所にも塀か何かあったんだろうから、そこから射撃、投石して撃退することを想定していたんだろうね。
それにしても高い。落ちたら死ぬね。この石垣、登れそうだから登ったけど、そうしたら転んだんだよね(´_`。)

熊本城 飯田丸五層櫓


飯田丸五層櫓。これは復元されたモノ。5層だけど、3層までしかいけない罠



3層目からでも、凄い高さなんだよな。見えているのは、梅なのかな。


飯田丸五層櫓からみた熊本城天守閣。でかい。写真じゃ解らないかもしれないが、でかい。

熊本城 名物の石垣


熊本城と言えばこれでしょう。この石垣。武者返しと呼ばれるだんだんと垂直に反っていく石垣。朝鮮の役などで得た知識を元に作ったとか。


武者返し+石垣の上野櫓には石落としがあり、まさに完璧な防備


普通は登らないだろう・・・・

数寄屋丸二層御広間

皆さん、本丸の方に注目していて、こちらの方にはきてなかったんですよね。これも復元した建物。


中は、大広間。ここで能や茶会が開かれていたらしい。


清正公の冑のレプリカが飾ってありました。


櫓なので、防御面もばっちり


謎の地下道があったが、こちらが本来の入り口。もし敵に攻め込まれたときに、この入り口のふたをぱたりと閉めて籠城することも可能だったとか。

で、ここの一番の見物は、明治3年~明治9年、つまり西南戦争以前に撮影された写真類が展示されていること。
本丸でも展示されていたけど、資料数がこちらの方が多い。さらに、地元ボランティアのご老人が暇そうにしているので、質問すると色々答えてくれる。
西南戦争についていろいろ聞いた。薩摩軍が撃ち込んだ鉄砲の痕が石垣にあるらしいと質問したら、「看板は立っているけど、風化しちゃって跡形も無くなってるんだよね」とか、「西郷隆盛はここから見える丘の所に陣地をとって大砲を撃ち込んできたが届かなかった」とか。
司馬遼太郎の飛ぶが如くを読んでいたイメージだと、薩摩軍の兵士が石垣をよじ登ったかのようなイメージがあったんだけど、実際はそのような事は無かったらしい。

熊本城 宇土櫓

重要文化財宇土櫓。これは現存モノ。
西南戦争直前に謎の火災で天守閣を始め色々と燃えてしまったが、それを免れた貴重な建物。



宇土櫓。火気厳禁ではいお願いします。小西行長の宇土城から移築したから宇土櫓と呼ばれるという説があったのですが、発掘調査の結果、新規に作られた櫓だったとのこと。勉強になった。

もともと、熊本城は丘の上に立てられている上に、宇土櫓は昔そのまま。全くバリアフリーというのは考慮されていないため、宇土櫓に到着した時点で結構疲れていた&汗が出ていたのに、その上櫓てっぺんまで登ったらハアハア状態。ハァハァじゃないよ。


宇土櫓てっぺんから、櫓入り口側を見る。


出口側を見る。


西出丸側を見る。

そして、宇土櫓を出た後に、

本丸を望む。

一息

闇り御門を通って、天守閣前に。そこには復元された本丸御殿大広間と天守閣があるのですが、あまりに疲れたので、休憩所で一息。
宇土櫓に入った時点で、ぱらぱらと雨が降ってきてどうなるかと思っていたら、休憩所を出たら本降りに。。。。
ここには茶室があるので、抹茶を飲むことも出来る。寒かったので飲んだら良かったかな。

本丸御殿大広間

天守閣に殿様が住んでいると思っている人も多いようですが、実際は本丸御殿に住んでますよ。熊本城クラスなら、1階部分に人が住めたかもしれないけど、基本的に天守閣は倉庫。
天守閣は残っていたり、復元されていたりしても、本丸御殿が残っている所って少ないんだよね。高知城くらいかな。
名古屋城は戦争の空襲で焼けちゃったんだっけかな。
で、熊本城の本丸御殿は一部を復元したモノですが、それでもでかいぞ~



時代劇に出てくる風景ですにゃ。
一番奥にお殿様が鎮座する



コンパクトに済ます場合はこちらを使用。フラッシュ禁止だったので、ぼやけてるけど勘弁。

このほかにも、いろいろなお部屋が再現されていて、すげーーーーの一言。基本撮影禁止なので、是非自分の目で!

さいごに、出口で案内の人に「パンフレットありませんか?」と聞いたら、奥から出てきたwww
「一般に配っていないので内緒で」とのことだったので、すぐに鞄に隠したw

熊本城 天守閣

雨はやまないまま、天守閣へ。


でけーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

大小天守閣。これも復元した建物で、中は博物館風の展示館に。ここだけは土足でOK!
入り口はなんと地下1F。1階が加藤清正と熊本城に関する展示。2階が細川家に関する展示。3階は西南戦争に関する展示。かなり見応えアリ。



みろ、人が(ry
見えているのは宇土櫓だと思う、たぶん。

天守閣見学が終わった頃には雨が上がっていました。

熊本城 櫓群~須戸口問

最後は、これも現存している櫓群を見ながら戻りました。



櫓群


坪井川

熊本城見学の注意点

時間は丸一日かかると考えるべし。
10時前から13時ちょっと過ぎ頃まで見ていたけど、全然時間が足りなかった。加藤神社や2の丸の遺跡、細川刑部邸を見る時間も無し。
なので、9時頃からお城にお弁当持参で行って、お昼は景色の良いところでお弁当をつまんで、夕方までゆっくり見るのがお薦め。

登山するつもりで準備しろ。
大阪城や姫路城、ちょっと格が落ちて弘前城みたいな平城じゃなく、丘の上に建てられた城なので、結構山登りする。
石段は高さがきついし。
なので、女性の方はハイヒール禁止。スニーカーとまでは言わないが、かかとが地面に靴を履いて望むべし。
キャリーバックなんか持ってくるなよ。入り口にロッカーあるからそこに預けておけよ~

熊本駅でお土産探す

熊本駅には13時30分頃に到着。


こんなのがいたので、記念撮影

14時42分の切符をとっていたけど、それより速い新幹線で帰れないか探すが、すべて満席。落ち着いて待つことにする。
お土産として、馬肉の炭火焼き、燻製、佃煮とくまもんタオルを購入w
試食した佃煮は美味しかったよ。私が買ったのは、在来線口の方のキオスク。

その後、お昼ご飯としてサンドウィッチを買って、待合室で食べつつ時間つぶし。さらに時間があったので、紫芋ソフトクリームも食べたりしてw

800系新幹線 さくら

山陽新幹線直通は全部満席だったので、博多乗り換え。
800系新幹線を体験してみる。が、800系新幹線ってコンセント無いのか。乗車時間が短いからつけてないのかな。
座席は水戸岡デザインの木製座席。なかなか座り心地は良いが、テーブルが収納式でちょっと小さめなので不便かもと思いました。

博多は7分乗り換え

博多駅では7分乗り換えでしたが、対面にのぞみが停車しているので、スムーズに乗り換え可能。
のはずが、自分が乗る車両が結構離れていたため、歩いた気がする。。。
後はそのまま新大阪へ。途中、新山口~岡山あたりは記憶が無かった。。。

戦利品

2011/03/27追加

馬肉の炭火焼き、燻製、佃煮。
炭火焼き、コスモクリーナーのお伴に。
燻製、まだ食べていない
佃煮、ご飯のお供に激うま。200グラムで1000円だから、これが一番コストパフォーマンス高いかな


くまもんマフラータオル

おまけ

地震の影響で観光客こなくて、青森県死にそうなので、旅行にきてね(ハート)
八戸地方は津波の影響を受けたけど、青森市や津軽地方は平常状態だから。
燃料も復活してきたし。
今すぐでなくても、GWのころなら、さくら満開だにょ。弘前城とか、青森市内も。


青い森鉄道マフラータオル。こんなのも買ってあげてねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です