『デジタルガジェット』 サンワサプライ USB出力付モバイルバッテリー充電器 BTN-DC2W

SANWA SUPPLY USB出力付ポータブルバッテリー電源(ホワイト) BTN-DC2Wを買いましたので、そのレポートを。

買ったきっかけは、ImpressのケータイWatchの記事。すでに日本トラストテクノロジー 外付バッテリー Energizer XP8000 XP8000を持っていてこれがメインで活躍していることもあり、また単3電池(eneloop)を使うKBC-E1も持っているので、これ以上必要ないとは思ったのですが、
・充電に出力A数が高い機器を2台同時に充電したくなるときが或る
・KBC-E1だと、iPodと携帯電話しか充電できない。IS03は20%程度しか充電できない
と言うことがアリ若干困っていたのです。
そんなときこの記事を見て、1A出力なのでiPadもいけるし、単3電池4本を使うなら、IS03やモバイルルータのDWR-PGもいけるのではと思って購入しました。

で、注文した時期が4月6日と震災直後であり、どこでも売り切れだったので、直販のサンワダイレクトで購入しました。納品まで1ヶ月かかったのですが。。

で、早速使ってみました。

IS03を充電してみた

めんどくさいのでどんなUSBケーブルでも充電可能かまでは検証していません。使ったUSBケーブルはデータ接続、充電切り替え可能なPLANEX Xperia 充電&データ転送 MicroUSBケーブル ブラック (ACアダプタ/パソコン接続切替スイッチ付)BN-XPERIASBです。これ、値段がちょっと高いですが、確実に充電できるので愛用しています。
IS03のバッテリーが切れて電源が落ちた状態から充電開始。使ったeneloop乾電池は王冠マーク付き、勝ったままの状態で放置していたのを使用。
結果は、100%まで充電できました。この間、IS03は電源入れっぱなし。
これは凄いぞ!

モバイルルータDWR-PGを充電してみた

こいつも、しばらく放置してバッテリー残量が3%になった時点で本体の電源をOFFにして充電開始。使ったeneloop乾電池は王冠マーク付きで、再充電したやつです。
結果は63%まで充電できた。なかなかやる。
DWR-PGの充電で気になったのは、過放電防止回路でもついているのか、充電器のLEDがずっと点灯したままだったこと。1回電源をOFFにしてから、再度ONにしたところ、LEDは光らなかった。電池が空になったときが解らないのはちょっと困るかなと。

不満点

不満点は、上記で書いたほかに、電池蓋が扱いにくいこと。最初、ふたを閉めるときにとまどいました。なんかすぐ壊れそうな感じ。

総合的に

買いじゃ無いかな。値段も安いし、乾電池でかなりのモバイル機器を充電できるのは大きなメリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください