『PC関連』 MacBook Pro 13インチのDVDドライブを外して2.5インチHDDを内蔵した

実際に作業をしたのは10月の初めなのですが、手持ちのMacBookPro 13インチ(2011 Early)の内蔵DVDを2.5インチHDDに換装しました。

いま、内装ストレージは128GB SSDなんだけど、全く容量が足りなくてね。とくに、Xcode4をインストールして、iPad 64GBをシンクさせたら残りが数GBとかになって。
HDDを増やす方法としては、外付けHDDをつけるのがいちばん楽。しかし、それだと持ち運びに支障が出る。
256GBのSSDに換装するのも正道なんだけど手持ちに500GBのHDD(Think Padから取り出したやつ)があったのでそれを有効活用したいと考えました。

MacBook ProにはDVDドライブが内蔵されているので、ここのところにHDDを取り付ける。
当然、大きさが違うのでマウンターが必要です。調べてみるとThinkPad用のアダプターが使えるようで、その中でいちばんお安いのが秋葉原のパソコンハウス東映に売っているマウンタ。
DSCF0896
SlimBay9.5SA-HDD.SAと言う製品。9.5mm厚の方ですので注意。

取り出したDVDドライブを外付けドライブとして使いたいのなら、秋葉館の外付けDVDドライブケースとドライバがセットになった製品を買うのが良いと思います。

私は外付けドライブは要らないし、工具類も持っているのでパソコンハウス東映の製品にしました。

購入に当たっては当方、大阪在住なので通販でと言うことになるのですが、たまたま東京に出かける用事があったので秋葉原で買いました。
秋葉原は10年ぶり位だったのですが、駅が大幅リニューアルされていてしかも駅前も全く違う構造になっていたのでびびりましたw

取り付け

まずはじめに注意事項ですが、HDDの交換に比べて難易度が高いです。
DVDドライブを外すときに邪魔になる部品が多くて下手すると断線が発生します。具体的にどこの部分の難易度が高いかというのは後で示します。

で、「うん、どうやって外すんだ?」となったので、参考になるページを探しました。
ヨコハマなんかおもしろいことラボ – MacBook Proの光学ドライブをHDDにリプレースを参照しました。

まず、マウンタにHDDを取り付け。これは問題ありません。
DSCF0898
このとき、下部のベゼルも外しておきます。写真はベゼルを外しかけているところ。

DVD-ROMドライブを取り外します。
2012-12-16 15.21 のイメージ
DVD-ROMドライブの上を覆い被さっているフィルムケーブルや部品を取り外さないと行けないのですが、写真の黄色で囲っている部品が取りにくいです。
というか、完全に外せないんですよね。ケーブルがハンだ付けしてあって。。。。
ねじを外した後DVDドライブを斜めにずらして取り外す感じ。

DSCF0901
上手く頑張って取り外したらまた頑張って取り付けて完了。

ファイル移動

取り付けたHDDにiPadのバックアップファイルとiPhotoのライブラリファイルを移動。
MacOSは中身がUnixなので、ファイル移動はtarを使って、移動したらlinkで元のファイル構造と同じようにします。

ファイルがどこにあるかとか、tarはどう使うかとか、linkコマンドの使い方とかはgoogleで調べるとすぐ出てくるので省略。
SSDの空き容量が数GBから40GBになりました。これでしばらく持つなw

で、次にMacBook Proを買うときはSSD256GBだな。MacBook Airを買うかもしれないけどw

APPLE MacBook Air 1.7GHz Core i5/11.6/4GB/128GB MD224J/A
アップル (2012-06-13)
売り上げランキング: 1103

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です