『読書感想文』 死因不明社会

海道シリーズのなかで、自分では最後に読むことになった、死因不明社会 (ブルーバックス)を読みました。

これの本は、作者が視聴しているAi導入に関するすべてをまとめた物です。Aiについては、小説紹介の方でさんざん触れてきたので、割愛するとして、あちこちにAiセンターが立ち上がってきているということは、喜ばしいことではないでしょうか。
死亡時画像診断を導入することで、死因究明の向上につながれば、データが蓄積されていれば、後からあの事件も連続殺人事件に関連していたのでは?って事も防げますしね。
厚生労働省は、こういうところにもお金を突っ込んでほしいですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください