『Android関連』 Android-x86をビルドしてVirtualBoxで動かす

そんなわけで次は、Android-x86をビルドしてVirtualBoxで動かしてみます。

基本手順はAndroid-x86 – Porting Android to x86 : Get Sourceでつまずくところは特にないかと。

ソースのダウンロード

ターゲットはAndroid 4.2です。

$ mkdir android-x86
$ cd android-x86
$ repo init -u http://git.android-x86.org/manifest -b jb-x86
$ repo sync

4.2なのでbranchとして”jb-x86″を指定してやります。
kernelソース込みなので、結構な時間かかります。

ビルド

4.2はandroid_x86を指定しろと書いてあるので、それに従います。

$ source build/envsetup.sh
$ lunch

You’re building on Linux

Lunch menu… pick a combo:
1. full-eng
2. full_x86-eng
3. vbox_x86-eng
4. full_mips-eng
5. android_x86-eng
6. android_x86-userdebug
7. android_x86-user

Which would you like? [full-eng] android_x86-eng

メモを残していなかったけど、android_x86-engはビルド失敗してandroid_x86-userdebugを選択したような記憶が

$ make -j8
$ make iso_img

成功すると、out/target/product/x86/以下にandroid_x86.isoができます。

VirtualBoxへのインストールと動作

Linux 2.6をターゲットにして、プライマリマスタにHDDイメージ、セカンダリマスタにこのCDイメージをセットして起動してやります。

android_x86_1
Installationを選択してインストール。

Debianをインストールするような感じでインストール出来ます。
LiveCDとして使う、つまりCDブートとして使ってもOK。

android_x86_2
あっさり動いてくれました。
が、マウスを移動させてもカーソルが表示されない(;つД`)
感で操作するかキーボードで操作するかです。

x86CPU上で動いてくれるので、ARMエミュレータより速くて快適なので、デバッグも捗ると言いたいところですが、x86シミュレータがAndroid SDKに入るようになったので、微妙ですな。

プリンストンテクノロジー Jot Flip Capacitive Touch Stylus (シルバー) JOTF-SV
プリンストンテクノロジー (2012-05-25)
売り上げランキング: 867

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です