『デジタルガジェット』 kindle paperwhiteとiPad、Nexsus7の使い分け

Kindle PaperwhiteとiPad、Nexus7の3台体制でkindleで出版されている本が読めるようになりました。
また、Bookwalker、BookLiveで買っている本についても、iPadとNexus7の両方で読めるようにもなっています。

この3台を私がどのように使い分けているかを説明します。主に、Kindleストアで買った本をどう読むかについてです。

まず、文庫本や新書などの文字が中心で栞やマーカーを引いたりしない本は、なるべくKindleストアで購入して、Kindle Paperwhiteで読むようにしています。
やむを得ず、Kindleストア以外で買ったときは、Nexus7で読むようにしています。

ビジネス書など、マーカーや栞をつけながら本を読む場合は、Nexus7かiPadを使って読んでいます。今まで、自宅内や通勤時にはiPadを持ち歩いていたのですが、Nexus7に置き換わりつつあります。
なぜ、Kindle Paperwhiteで読まないのかというと、マーカーつけにくいんですよね。
タッチしたときに微妙にずれるし、マーカー引いた後の再調整もしにくい。反応も若干遅いし。
これは、ハードに起因する要因ですかね。

マンガ本については、Kindleストアでは2冊しか買っていないけれども、iPadで読むようにしています。
自炊したマンガ本がほとんどなので、ストレージが沢山欲しいこと(私のiPadは64GB)や、解像度の高さ、画面の大きさが理由です。

おまけで、自炊した本は、マーカーの引きやすさや栞をつけたときの検索性に優れたiOS版のi文庫HDを使いたいので、iPadで読んでいます。文庫本や新書ならKindle Paperwhiteでも行けるんですが、Kindle Keyboard時代に存在していた余白カット機能がなくなったみたいで、ちょっとも字が小さくて読みにくいんですよね。

こんな事もトータルで考えると、7インチタブレットにKindleアプリと自分に合った自炊用のビューアーを入れて運用というのがいちばん効率的な運用なのかもしれないですね。

Durodex(デューロデックス)スタックカッター200DX
株式会社ダーレー・ジェーピーエヌ
売り上げランキング: 910

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です