[linux/Debian] 接続されているHDDの一覧と、シリアル番号を確認する方法

NASで沢山HDDを接続していると、いざDiskを交換するときにどれを交換したら良いのやらって事になります。
そこで、あらかじめそれぞれのHDDのシリアル番号と、HDDが接続されているポートをメモしておけば、交換するときに役に立ちます。

HDDのシリアル番号の確認方法は、HDDのラベルを直接見る方法が確実ですが、既に装着済みだったらどうするかって事になります。
その時は、smartctlを使いましょう。

# smartctl -a /dev/sda
smartctl 5.41 2011-06-09 r3365 [i686-linux-3.6.11] (local build)
Copyright (C) 2002-11 by Bruce Allen, http://smartmontools.sourceforge.net

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family: Kingston branded X25-V SSDs
Device Model: KINGSTON SSDNow 40GB
Serial Number: XXXXXXXXXXXXXX
LU WWN Device Id: 5 001517 9590d8db8
Firmware Version: 2CV102HA

といった感じで表示されます。FreeBSDなら、/dev/ada0とか指定してやります。
他に簡単に確認出来る方法はあるのかな?

次に、各HDDがどのデバイスに割り当たってるかの確認ですが、
Linuxの場合は、

cat /proc/scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi2 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
Vendor: ATA Model: KINGSTON SSDNow Rev: 2CV1
Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 05
Host: scsi3 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
Vendor: ATA Model: ST2000DM001-1ER1 Rev: CC43
Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 05
・・・・

と表示される前から順番に、sda、sdb・・・と割当たっているようです。
もっと、直接的に解る方法はないのかな。

FreeBSDだと、

# camcontrol devlist
<INTEL SSDSA2M080G2GC 2CV102HD> at scbus0 target 0 lun 0 (ada0,pass0)
<ST3320620AS 3.AAK> at scbus3 target 0 lun 0 (ada1,pass1)

camcontrolコマンドで直ぐ解るようになっています。

/dev/sdaがどのハードデスクで、シリアル番号まで解っていたら、いざ/dev/sdaが壊れた時に、どのHDDが壊れたかシリアル番号で確認出来て、それを基にHDD交換ができるので、確実になります。

サンワサプライ 下L型シリアルATA3ケーブル 0.5m TK-SATA3-05SL
サンワサプライ
売り上げランキング: 72

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です